スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2015'03.19 (Thu)

ATOK for iOS 遂に購入

ATOK for iOS

初リリースから半年。
入力機能向上により…1500円と少々高いアプリなのですが買っちゃいました(´艸`o)゚.+:。♪

ATOKは変換精度はもちろん、カーソル移動ボタンがあることが私にとって非常に魅力的でした。

iPhone標準キーボードでのカーソル移動操作は煩わしさを感じることも。
もともとAndoroidユーザーだったので、物理キーボードに慣れてしまっていたという部分もあったとは思いますが、他の点では違和感を覚えなくなった今でも、ミスタイプの習性や、文字挿入などの際は、やはり手間取るなぁという実感。

そんな中発表された ATOKのiOS用のアプリのリリース。

公開を待ちわびていたのですが…
しかし去年(20141/09/22)リリースされた仕様は…

インライン入力(カーソルの位置入力)ができない

入力を確認できる領域が3文字分と極端に狭い
3文字しか

ジャストシステムがなぜこんなことを?!ヽ(+□+)ノ

と思ったのですが理由は

Appleの他社製キーボードへの制約

でした。

ある意味Appleらしい?とも思えました( ̄∇ ̄;)

これが理由であればジャストシステムを責めることはできませんし、仕方がないと納得はしたものの これでは折角の機能が生かせないと判断し購入は断念。

さらに、これが理由であれば今後この現象が解消する可能性は薄いと思い、以降このアプリについてチェックすることもありませんでした。

ところが!
今日たまたまネットをいろいろ見ていた時に
操作性が大幅改善し"遂に神アプリと化した"
とまで書かれた記事を偶然発見。
(2014/12/08のアップデートだったようです(・・*)ゞ)

一番前回のリリースでガッカリした
インライン入力が出来るようになった
というのです。

インライン見本単体
確かに!!

…といってもApple側からの制限が解除されたわけではなく

「擬似的インライン入力」

ジャストシステムのアイディアと技術力で操作性を上げたようです。

ただし、あくまで「擬似的回避」の為 いくつかの機能制限(軽い不具合?)はアナウンスされています。
20141209_yohiro_atok13_cs1e1_x1000.png

具体例としては、「連絡先」や「Word」では問題があるそうです。

が…この操作性の向上は素晴らしいです!

ちなみにこの擬似的インライン入力、ON/OFFが選べます。
OFFにすると・・・
オフにすると


またiPhoneに登録したユーザー辞書が移行できる機能がついたのも嬉しいです。

待ちに待った左右にカーソルが移動できる矢印
やじるし見本
(設定で定型文ボタンの代わりに左矢印を出すこともできます。)

移動だけでなく、左右どちらの方向にも削除操作が
削除見本

定型文ボタンを上にフリック操作すると、ペーストができます
ペースト見本

その他にもいろんな便利機能がたくさん。


ちなみに…無料のキーボードでこれに近いのが

Yahooキーボード
(2014/12/02リリース)
l_haru_ykeytop.jpg

左右へのカーソル移動の矢印の常時表示
(ATOKは右のみ常時表示で左はフリック)

☆や♡が数字キーのキーボードに常時表示

そして
スワイプで ひらがな、英字、数字のキーボード切り替えが出来る

これはATOKにはない機能で、特に魅力的な点だと感じました。
(因みに、フルアクセスの許可でキーボードの背景をカスタムできます)

ただ、連続操作時の"反応速度"という点ではATOKが勝っていると感じました。

とはいえ無料ですし、試す価値のあるアプリだとは思います。

今後は3種類のキーボード(半角カナキーボードも追加)を使い分けていく予定(*´艸`*)

ちょっと贅沢しちゃいましたヾ(・ω・o)
スポンサーサイト
17:00  |  スマホ・タブレット・携帯電話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lunaparkannex.blog90.fc2.com/tb.php/1967-d5338869

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。