スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.30 (Tue)

IC3の勉強を始めて

この勉強は、かなりオススメです。
資格を取るということ以前に、普通にパソコンを使う上でかなり役に立つ情報ばかり。
パソコンをある程度使っていって疑問に思うこと、知りたいこと(名称も含めて)がほぼこの本で確認できます。

パソコンを使っていると、当たり前のように出てくる用語であるとか名称。
なんとなく分かっているけど、いざ説明するとなると難しい言葉。
さらに、パソコンの「仕組み」を簡略に説明されているので、さらっと読み進められ、大まかに掴むことが出来ます。

なにせとても分かりやすい。
勉強しようと、専門書を買っても、詳しすぎてもう何を説明しているのかすら分からなくなっているということもありますし、
プログラマーじゃないんだし、そこまでのこと知りたいわけじゃないんだけど・・・
ということも。
そういう「ミスマッチ」も経験してきました。しかしこの教本は変に詳しいこういったパソコンの本とは違い、
そういうことだったのか~!
と思うことがたくさん。

また、インターネットを検索する上でのコツなど、小技みたいのも載っています。

この資格(教本)は、
コンピューティングファンダメンタルズ
キーアプリケーションズ
リビングオンライン
という3分野で構成されています。(FOMの本で言うと、3分野が一冊になったものと、1分野につき一冊と分かれている物が出版されています。内容は同じです。)

物々しい名前ですが、コンピューターファンダメンタルズは、主にハード、ソフト、OSについて。キーアプリケーションズは、Word、Excel、PowerPointの操作、リビングオンラインはネットワーク、メール、そしてHP検索や、ネチケットのようなコンピューターと社会の関わりについてまで記述されています。

キーアプリケーションズの分野は、私はMOSで資格を取っているので免除されるため飛ばしましたが、パラパラめくってみたところ、基本操作はこの本に載っていました。
ただ、アプリケーションの操作説明は「操作を知る」という点で見ると、ちょっと簡略すぎて分かりづらいので、知りたい場合は操作方法に特化した本などが必要になろうかと思います。

とはいえ、ソフトウェアの操作方法の本はたくさん出ていますが(WordやExcelなどは迷うほどに)「ちょうどいい感じ」の説明度合いで「全体」を説明する本はなかなか見つけづらいので、かなり価値はあると思います。

ひとつ笑いそうになったのは、
盗難防止のために、ノートパソコンと机などとの固定の仕方が載っていたことですけど(^^;)

私は今日やっと、ずっとモヤモヤしていたCPU、クロック周波数、メモリ3つの関係をはっきりと理解することができました。また新たに知ったこととしてはLANとWANがあることも知りました。

試験となると、ある意味対策がちょっと今思いつかないのですが、内容はわかっても、名称を知らないところが多いので(ほとんど英語というかカタカナ名で)それを覚えるところでしょうか。

資格の勉強は、資格を取る目的によりけり必要性が違いますが、この教本は、パソコンのユーザーが本当に知りたい情報が、本当に「お得」に要約されているので、パソコンのヘルプに一家に一冊!といっても過言ではないと思いました。
スポンサーサイト
02:21  |  パソコン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.25 (Thu)

初めて「生」で落語を楽しんできました♪

   

今日、前の仕事先で一緒だった、いつもお世話になっている先輩に誘っていただき、、会席料理のついた落語会に行って来ました。
イベントの名前は
「旬と落語を食べる」

場所はホテルモントレ神戸というところで、結婚式にも人気という、とても雰囲気のあるホテルでした。
会場は、その中にある日本料理、隨縁亭というところ。
受付で頂いた席の札は「スミレ」なんだか和風でかわいらしいです♪

お食事もとてもおいしくて、久しぶりにこういった席でお食事を味わうことが出来ました。(なかなか機会もないことですし)先輩とのおしゃべりもとても楽しかったです(≧∇≦)

お食事の後、落語が始まります。
本日お話してくださったのは、笑福亭生喬さんと、笑福亭松喬さん。
すぐ近くに高座があり、また落語家さんが使う道具(といっていのかわかりませんが)の解説もあり、すごく興味深かったです。

当然のことですが、落語家さんの声はハリがあって、それでいて味のある通る声。舞台芸術をされる方は必須のことではありますが、やはりこういった方は、聞きやすい通る声をしておられるなぁと思いました。

内容もとても分かりやすく、落語について造詣が深くなくても、肩の力を抜いて自然に楽しめます。あぁいった席で、会場が一体になって素直に笑ってリラックスして楽しんだのは、初めての経験でした。

この催しは人気のある催しだそうで、今回で三回目だそうです。
おいしいお食事のあと、親しみやすい落語。これは人気があるだろうなと素直に思いました。

会席を頂くのも久しぶりでしたし、生で落語を聴くのは初めての経験で、どきどきわくわくでした。しかもこんな素敵な経験を無料でさせていただいて本当に先輩に感謝ですぴかぴか(新しい)ありがとうございます(〃ω〃)
縁がなければ、なかなかできない経験ですから。

本当に貴重な体験と、楽しい思い出を作ることができた一日でした。

PS:この会場となったホテルは、通路が同じ雰囲気だったり、自分の場所が分かりづらく、迷ってしまそうなところでした。(トイレに行くのも、元の場所に戻ってこられるかちょっと不安だったり(^。^)

先輩にお話を聞くと、
お勤めの方も最初のうちは迷う
とのことでした。ちょっと分かりにくいつくりではあります。

三宮の隠れ家的ホテル
というコンセプトだそうなのですが、つくりまでそんなややこしくしなくてもヾ(-ω- )
なんて話ながら帰ってきました。
23:03  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.24 (Wed)

ひそかに集めているポイント

ダイドーの自販機には、ポイントカードを発行できるものがあります。

私も最初は知らなかったのですが、知り合いに教わり、それ以来仕事先のそばに自販機があることもあり、楽しんでいます。
(詳細はこちらhttp://www.dydo.co.jp/fan/club_dydo/

ちなみに、その自販機は当たり機能付。不意に当たるので、次に買うものを考えていないことが多く、いざ当たると慌てます(笑)

ただ、今のところ私の行動範囲でこのポイント機能付のダイドーの自販機は、その仕事先の一台だけでした。

ところが、今日、久しぶりにマンションの周りを歩いてみると、すぐ南側の自販機3台並びのうちひとつがその「ポイントカードつきダイドー自販機」だったんです!!びっくり!灯台下暗しとはこのこと。
うれしくなって、ポイントカードを差込み、ネクターを購入しました。

しかも隣に設置されていた自販機は巷でよく見かけるといえば見かけますが、探すと見つかりにくい100円自販機。
つまりそこは、100円自販機、ポイントダイドー自販機、コカコーラと並んでいたんです。なかなかいい感じではないですか!あせあせ

先日、mixiでもお世話になっているチビタンママさんのお宅へ伺ったときもこのポイントカード付のダイドー自販機の話をし
見つけたら買ってみて
と言っていたら、なんとそのマンションのすぐ下にあった自販機がダイドーだったという発見があったんですが、それに近い感動でした。(こちらはポイントカード機能付ではありませんでしたが)

私の家の周りにはホワイトカラー層が多いのか、クリーニング店が多いのですが、前に、北側でもっとも近いお店に出し、不愉快な思いをしたんです。気づけば、この自販機のあるそばに、また違うクリーニング店が。
マンションの南北にクリーニング店があったとは。
次に機会があればこちらに出してみようかなと思ったり。

ちょっとのお散歩でたくさんの発見。
・・・というか、まさにマンションのすぐ南側の様子を今の今まで気づいてない私もどうなんだ?!と自分が悲しくなりました。(車やバイクでは散々通ってるはずなのに)

00:31  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.21 (Sun)

Power Pointに合格しました

今日はPower Pointに合格しました。
974点。100点満点で93点と言われました。う~んあせあせ(飛び散る汗)

今で5教科目の試験なんですが、このPower Pointはかなり楽しかったんです。サクサク進んで。エクセルで結構苦労というか、じっくり感があったからかもしれませんが、Power Pointは、視覚的にかなり分かりやすくスイスイ進んでいたので、ある意味この結果には恥ずかしさもあります。

ただ、昨日のテストでは、今までにない感覚に襲われました。
落ちるかも

ちゃんと予想問題もやり、前日も模擬問題をして備えて、今までのテストで一番ある意味気持ちが楽でした。
やはり2時間ほど練習してから望んだテスト。それなのに、答えながらなんだか焦る・・・というか、不安というか、嫌な感じというのが一番近いかもしれませんが、そういう感覚が、問題半分くらいしたところで感じたんです。
ちょっと恐ろしくもありました。原因がわからないので( ̄△ ̄)

問題が分からない、解けないならそれは当たり前な不安です。もちろん、自信満々で解いてはいませんでしたが、この気持ちの引き金が今でも不思議です。そうなると、どうやっても違う気がして、リセットばかりかけていました。

次へ
をクリックして進むたびに、全部×がついているような気がしてきます。
今までのテストで、迷わず次へをクリックしていた自分が自分で信じられない気持ちでした。

落ちはしませんでしたが、この得点。今日の合格は、今までで一番うれしいという気持ちがありませんでした。本当に不思議で何なんだろう?と今でも考えてしまいます。

終わったことなので、考えるのはやめ、マスターになるための最後のテストAccessを頑張りたいと思います。


さて、その後のことです。
この後にIC3というテストがあります。これは、シスアドにかわる資格ということえ、最初、このスクールに入るときに説明していただきました。

大学の頃、実はシスアドがとりたくて勉強していたこともあるのですが、これは年に2回しか試験がなく、また独学では結構難しくて受けていません。

試験が終わって、先生にそのあたりのお話をお伺いすると、
今はシスアドをとる人はかなり減っていて、IC3を取ってはどうか?
といわれました。

資格うんぬんもそうですが、かなり役に立つ知識が手に入るとも言われましたし。
IC3は当初から取ろうと思ってはいたのですが、シスアドの上級をという声があったり、迷っていたのですが、とりあえずこれは取ることにします。

さらにそのあとの話、VBAをどうするか。
仕事で有効利用したいと思う人がとる資格というお話を受けていたので、今の私にはあたらないかなと。
パソコンと仕事が直結していませんし。その予定も今のところ現実味がないので、
取ってどうする?
という声も聞こえてきて。

そのあたりの話もお伺いしたのですが、
もちろん、そういう考え方もあるが、だからそれで取る取らないは決めないほうがいい
と先生はおっしゃいました。

VBAになると、有資格者はかなり減る。PCが好きでないと続かないかもしれないけれど、取ると(分かると)本当に楽しいし、いろいろ「作ってみたくなる」。
そこから仕事に活かせるかもしれないから、今仕事に関係ないし、取る意味がないということはないので、自分で興味があるなら挑戦してみる価値はあると。

また、
文系なのですが
という質問には、
私も数学は大の苦手ですよ
とおっしゃっていました。

先生自身、そういう本は10冊以上持っておられるそうで、いろいろ最初はマネをしながら作って、そこからモノにしていくのだとおっしゃっていました。

今回のお話を聞き、実際やってみたい気持ちはあったので、とりあえずマスター、IC3まで取って、今度は少し緩やかにというかじっくりVBA挑戦してみようかなぁなんて思っています。

というのも話によると、VBAになると、今までのMOSの勉強とは違い、少々暗記が増えてくる(≧ε≦)
もともと暗記力は弱いのですが、今はさらに衰えている自覚もあるのでヾ(-ω- )

まだ少し時間もあるので、いろいろ計画をたてつつやっていこうかなと。試験では、今までにない意味不明な感覚に遭遇した私ですが、そういう情報が得られたのはすごくありがたかったです。

何より楽しむ事・・・ですかね♪
03:25  |  パソコン  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.16 (Tue)

ipod mini のバッテリー交換にチャレンジ☆

最近私の相棒ipodのバッテリーが限界に来ていました。
前から、持ちが悪いとは思っていましたが、ここ最近はもう1時間くらいで切れてしまう状態。

前に、音楽を聞いていたら、突然
ブツッ
と切れたり
ブブブブブ・・・
といってブツブツ音が聞こえ、電源を落とすことも何もできない状態になったり。

あるとき、この
ブブブブブ・・・
の後、画面が真っ暗になり、何も反応しない。家で充電コネクターにさしても反応がない、操作不能になってしまいました。

もしや故障?!
ネットでいろいろな対処法を見て試しましたが反応なし。
ハァ・・・
とがっかりしていたのですが、いろいろ探し回ったあるブログに
24時間放電して、もう一度充電器にさしてリセットすると動く
という情報を見つけ、これにかけることに。

外出するときは必ず持っていくipodを家に置いて出かけ、帰宅すると早速充電器へ。
リセットできるリンゴのマークが出てきました。
おぉ!動く!!

故障でなくてうれしかったです。
これにより、バッテリーの限界ということが確定。
早急にバッテリー交換の必要が出てきました。

ここで問題。ipodは、街のというか電気店では受付をしておらず、アップルの直営店に依頼しなければいけません。
以前のバッテリー交換料金は1万5千円。改定でそれよりは安くなり6800円となりましたが、元々「交換」という概念がないらしく、問い合わせても結構悲しい扱いを受けます。

また、中のデータはすべてなくなってしまいます(バッテリーを替えるのではなくて、新たなipodと交換のためみたいです)そして、返却までの期間が長い!(長いと1ヶ月くらい帰ってこないこともあるそうです)

交換してもらえるならいいではないかと思うのですが、レンタルして入れたデータもありますし、バックアップもちょっと面倒。できればそのまま使いたいという思いもありました。
それに、アップルストアは近くても大阪の心斎橋。わざわざ行くには遠いところ。ということは郵送することになりますが、往復送料を合わせると結構な額に。

余談ですが、修理となれば、21800円。明らか買ったほうが得・・・。
使い捨て、買い替えをさせようとするような方針は、昔の日本の悪いクセと思っていたら、このエコ時代にアメリカは使い捨て推進だったと知り驚きました。

話を戻しまして、インターネットで調べると、代行しているところもあるようなのですが、これまた7千円から8千円プラス送料。
また、私が探せたところは、私のipod mini second generationのバッテリー630mAhより低い560mAhや600mAhの交換用バッテリーしかなかったんです。
一箇所720mAhもありましたが、金額がアップルより高くなるので、これも微妙。

ネットを探せば、自分でバッテリー交換をする方法を説明したサイトもありました。(交換方法自体を売っているサイトもありました)
そして、当然ながら成功談もあれば、失敗談もあります。私が見た限り8割から9割は成功、1割は失敗というような感じでした。
失敗の中には、まったく反応しなくなった例から、電源は入ったけれども、Hold状態から解除できないようになり、結局使えなくなったという事例も。
どうしよう・・・。
正直迷いました。

前々からバッテリーのへたりは感じていたので、交換はずっと考えていました。でも、
下手に自分でやって壊してもなぁ
なんて思いからズルズル。

でも今はもう猶予がなくなっています。先日は満タン充電で20分で切れたんですから(>_<)
一週間ほど、サイトを見たりしながら悩み、自分で交換することに決めました。

早速オークションでいろいろ探し、迷った結果750mAhのバッテリーを購入。
2種類ぐらいあったのですが、付属の工具がプラスチックではなく、精密ドライバーのようなものが付属していたのが気に入ってこっちにしました。(今回参考にしたサイトの記述は、このプラスチックのドライバーが付属したものだったのですが、曲がったりして使いにくいので、精密ドライバーを用意したほうがいいと書いていましたし。)

そして昨日英語で書かれたパッケージのバッテリーが到着。
参考にするサイトを表示し、パソコンの前で早速取り掛かります。
正直あまり器用ではなく、またこういうことをするのは初めてなので若干緊張。
慎重に
という記述が多いのでドキドキです。

上下のカバーはかなり固いとどのサイトも書いてありましたが、確かに苦労しました。上はかなり固く、最初にくじけそうになるくらい。サイトは
思いっきりやることが重要
コードなどはないので安心してください
という言葉に励まされつつ(笑)付属マイナスドライバーでこじあけるようになんとか上をはずします。

そのカンジで下をやると意外と簡単。その代わり、中の鉄のカバーに少々苦労。

上のふたを外すと、ねじが二つ止まっているのでこれを外します。そこで出てくる付属の精密プラスドライバー。
使ってみるとこのドライバー、磁石で、ipodの小さなねじをちゃんとくっつけていて、すごく使いやすかったです。
確かに工具が気に入ってこのバッテリーにしましたが、まさか付属の工具が磁石タイプの親切な工具だとまでは思わなかったので、うれしい誤算でした☆

手順通り順調。
下のコネクターをはずすのにちょっとだけ苦労しました。
ちなみに、バッテリーはSANYO製、マイクロドライブはHITACHI製でした。

どのサイトも、
一旦引き出した本体を、もう一度ケースに収めるとき引っかかるので苦労する
みたいに書いていましたが、それほど苦労せずに収まりました。
これを読んでいたので、全部引き出さず、バッテリー部分だけ出していたのがよかったのかもしれません。
それでも一回少し引っかかりましたが、すぐに入りました。

下のコネクターをつなぎ、後はふたをするだけ。

この時点で上のふたを仮止めのような感じにして、下ははめずに充電コネクターにさして電源を入れてみます。

おぉ!ついた

画面には充電中を示す電池マークの点滅に、メニューも表示。
正直ものすごくうれしかったです

これを確認し、きっちりふたをすることに。
このふたをする作業のほうが苦労しました。
下の鉄のカバーがなかなかはまりませんし、上のふたもなかなか手ごわい。

というのも、ふたは上下とも強力な粘着テープでくっついてるだけなんです。(はがすの苦労しましたから)それを無理にはがしたわけですから、粘着力が落ちているのも当然。
上はある程度パチンと「ハマル」手ごたえがあるのでそこまで影響はなかったのですが、下にはそういう溝みたいのがない。

よくよく見ると、下こそほぼテープのみでついているような感じ。(だからはずすときに、溝にはまっている上のほうが苦労したのかと今さら納得)
仕方ないので、両面テープを小さく切り、貼り付け、上から押し付けてカバーしました。

これでなんとか元のようなスタイルに戻りました。
今は後ろで充電中と画面に大きな電池のマークが点滅しています。

ipodminiは、カラー表示でもないですし、薄さ、機能から言ってももう時代遅れなんですけど(nanoやtouch、classicがありますから)私はこの「スタイル」が好きなんです。
あと、腰につけられるのが便利。(ベルトにはさめるクリップ(?)がついているんで。nanoはちょっと薄すぎて私には扱いづらい)

まぁ、いつかこれも故障するときが来るでしょうから、そうなれば別ですが、壊れるまではこれを大事に使いたいです。

このipodminiは今でも気に入っていますし、購入したことに後悔は全くありませんが、修理でこんなに大変だとは、買うときには夢にも思っていませんでした。
これが国内メーカーだったら、たとえその店で修理できなかったとしても、電気店で窓口として、メーカー送りの引き受けはしてもらえたんだろうなぁと思うと、海外製品を買うのも考えものだと思ってしまいました。

当時はMP3系はipodがダントツだったんですよね~。今はもう国内のMP3商品も値段、機能とも全く問題ありませんが。
もしminiが故障したとき、次に何を買うのか・・・でもやっぱり使い慣れてしまうと・・・というところもあり、選択が難しいところです。

まぁこれは壊れてから考えればいいことなので、今はせっかく復活したminiのパワーアップ具合を堪能したいと思います。
23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.15 (Mon)

私向けの頂き物~☆彡

   

久しぶりに会った知人から、
遅くなりましたけど
と誕生日のプレゼントをもらいました♪

私がライトやネオン好きであること、入浴剤を買ってはあーだこーだ言っていたことから、コレを選んだと言っていました。

そのプレゼントとは、Healing Moonと、実際の花があしらわれた入浴剤の詰め合わせ。

Healing Moonは、あけてびっくり、スイッチを入れてまたびっくり。
オブジェ(?)本体もリアルながら、光の加減もかなりリアル。

  

  

  かなりリアルだと思いませんか?!ぴかぴか(新しい)

一定間隔で満ち欠けするモードと、好きな光加減でストップできるモードがありました。
また、暗くなると自動的に電源が入るモードもあり、かなり凝ったものでした。

入浴剤はなんだか使うのがもったいなくて、未だケースにいれたまま飾っています。
香りはラベンダー、ミント、ミントティー、フリージア。

フリージアがちょっと想像できません。
正面に写したブルーの花びら(?)の形のがフリージアの香りです。

使うまでもう少しかかると思いますが(^^;)使ったときはまた感想をアップしようと思います(^。^)

17:37  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.14 (Sun)

Excel 上級 合格しました♪

13日、MOS Excelの上級に1000点満点で合格しました(^^)v

これもスクールの予想問題のおかげなんですけどね(^_^;)

今は、Accessの勉強をしていて、その前はPower Point。(来週このPower Pointのテストなんです)Excelを終えてからちょっと時間が空いてしまっていたので心配でした。

また、この試験、普段勉強している三宮校で
絶対1000点取れるから心配はしてないよ
といわれていたので、どきどき。

テスト用に気になる部分もありましたしね。
今日も、じっくり時間をかけて直前の学習をしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

私がこの練習をしている間、試験前の休憩をされていた学生さん。先生が
マスターを取ると就職には有利だよ。
学生さんなら、マスターまで取ってる人はなおさら少ないからね~
という話をふると、その方は
就職しないかも
とのこと。先生が理由を聞くと、その方は農学部だそう。農学部は大学を卒業するだけでは、文系の就職しかできないので、進学しようかとのことでした。

へぇ・・・農学部は文系の扱いになるんだ~
と予想問題をやりながら思ったり。

今度は私がテストの前にお茶をいただき、休憩させてもらってたんですが、ちょうど、その休憩している私の真後ろで、Excel上級の勉強をされている方がおられました。
結構苦労されていて、先生に
私やばすぎる~すいません~
といいながら勉強されてました(笑)

すると先生は
このソフトってね、アメリカのでしょ。アメリカ人って適当だから、表も
見えればいい、分かればいい
って感じなんですよ。
日本人みたいに、線を入れたり、レイアウトどうこうしないの。
だから、そういう操作のボタンが面倒なことになってるんですよ。
とのこと。

なんか妙に納得して笑いそうになってしまいました。

試験に来ただけですが、いろんなマメ知識?雑学?が手に入ってしまうのでした(≧∇≦)

でもこの予想問題は本当にすごいです。
今、このスクール、結構受講生が増えてるみたいで、先日三宮校のパソコンが3台増えました。梅田校も開講しましたし(インストラクターの方は「大阪は行くだけで疲れるから神戸がいいよ~」とおっしゃってましたが(笑))

今の時代、ある程度使えるけど・・・って人が意外と多いと思うんです。ちょこっとヒントを与えてくれる場所ってありがたいです。

でも、意外と学生さんがおられるのでびっくりしています。
というのも、最近は大学もITを意識しているでしょうし、そういう支援講座もあると思うのですが・・・。(数人に聞いたら「ある」と言ってましたし)それでもこられるというのには理由があると思うのですが、ちょっとだけ気になってます。
03:19  |  パソコン  |  EDIT  |  ↑Top

2007'10.01 (Mon)

Excel 一般 合格しました♪

29日に、Excelの一般の試験を受けてきました。考えてみれば今月3回目のテスト。そして、Wordの一般に続き、1000点の満点で合格することができました(〃'∇'〃)

試験前にアドバイスを頂き、ウォーミングアップの時間をもらえるんですが、その時間が私は長いと・・・(^。^;)

先生がついてるときに、パパッとあんなに早いのに~。
あなたみたいな早いタイプは、いつもどおりパッとやったほうがいいよ。じっくりやる人はじっくり準備するのがいいけど、早い人は早いほうがいい。早い人なら、30分くらいやったら
もうやります
って人もいて、こっちが
もういいの?
って思う人もいるくらい。あなたはそれくらい早くてもおかしくないタイプの人だよ。
と。

試験前って確かにいろいろ気になりだすんですよ。このテストって、出来上がった形が一緒でも、過程が違えば間違いになりますから。
また、ここは実は引っ掛けかも・・・とか深読み・・・。

試験前に紅茶をいただきながら少しお話したんですが、そこで
あまり長くやると、いろいろ不安になりますからね~。それに、本番のときに疲れてることもあるし。
あなたならもっと早く試験開始するかと思ったら、なんだかいろいろやってはるから、何をそんな一生懸命してるのかと思ったよ。もっと早く言ってあげたらよかったなぁ
なんて言われました。

その後
この試験は満点が取れる試験。上級はちょっと満点は難しいかもしれないけどこれは大丈夫だからね。
今日は7人ほど試験受けた人がいるけど、Wordの上級が多かったこともあってまだだれも満点がいないから頼むよ~
なんていわれて、変なプレッシャーが・・・。

かなりうっかりさんだし、逆に「え?!」って点数だったらどうしようかとどきどきしてしまいました。

試験はオンラインで、次へ次へとクリックして進んでいきます。
最後の次へをクリックして、結果と得点が表示されるんですが、そこに微妙な間があります。
あぁ、変な点数だったらどうしよう~!!
ってどきどき。
Wordの時はそういう緊張感はなかったんですが・・・。

パッと出た画面、
「おめでとうございます」
より、下の
「あなたの得点」1000点
にホッとしました。

今は上級を勉強中で、今模擬中。さすがにちょっと苦戦中。ちょっと今までとは違って、何もしなくてもというか、自然に練習問題で高得点がとれるということがなく、今日スクールで1人人知れず(?)焦っていました。

私は元々独り言を結構言う方なんですが(怪しい・・・)Excelをしていると、データやらセルを参照するとき、関数を作るときに、1人で確認しながらなんだかいろいろ言ってしまいます。
仕事で計算書みたいのを作るときも、声に出して計算することも多い私。
家だとそれで良いですが、外ではいけないと気をつけていました。

すると、私の左側の端のPCを使って、同じくExcelの上級を勉強している受講生の方が、同じように
えっと、ここがこうでしょ、で・・・・あ、そこか・・
とか画面を見つめながら操作しているのを見て、妙に安心してしまいました。
やっぱなるよねぇ・・・

上級、模擬まで入っているので、試験日決めようかといわれたのですが、今までは
はい
とすぐに返事していましたが、今回だけは
あ、まだ得点が思わしくないので
と待ってもらいました。
Excelは関数だけが難関だと思っていた私ですが、それも甘かった。先週の木曜日から今日の月曜までやらないだけで(土曜日までは、テストのために一般をやっていましたし)かなり忘れてしまっていました。
忘れっぽい私のこと、これはさらに復習して練習しなければ・・・。
23:38  |  パソコン  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。