スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.31 (Mon)

突然のエラー

私は日常的に、Giga Pocketというソフトを使ってパソコンでテレビの録画を利用しています。そしてそれを集めてHDDに保管したりDVDにしたりして楽しんでいます。また、保管しないまでも、気になる番組や、ニュースなどを録画しておいて、帰ってから夜中に見て、世の中の動きをチェックしたりしています。

ところが先日、このソフトが壊れてしまったんです。ある日、エラーのウィンドウが出て、HDDにうつしていたもの以外の録画済みデーターがすべて消えてしまいました。その後、予約録画ができなくなってしまったんです。

テレビは見られますし、見ている状態で録画ボタンを押せば録画が開始されるのですが、予約として日付や時間を入力、またはiEPGを使っての予約、どちらもできません。スタンバイには入りますが、そのまま録画はされないんです。

また、エラーのときに予約していたものがまだ残っているのですが、その予約自体もおかしくなっているんです。取り消そうとすると、エラーとともにそのソフトが勝手に終了してしまうので、取り消しもできない・・・。アンインストールして、入れなおしたり色々努力したのですが、やっぱり予約はできず、今もそのまま・・・。

今まで、ビデオは観るだけ・・・モニター専用みたいになっていたのですが、急遽テレビの線をつないで、録画できるようにしました。で、さっき新しいビデオテープを買ってきました(笑)(DVDの再生はできますがDVD、HDD録画はできないデッキなんで)

それにしても、どうしてあぁなったのか、まったくわからないんですよ。それに、表示されるエラーナンバーをHPで調べても載ってないし・・・。こういうときに、知識のなさが露呈されますね(^^;)

みなさんは、どうやってPCの知識や技をつけていかれているのでしょう。私は完全に独学というか、触ってみて、自分でやってみてここまできました。・・・なので、超文系であり、頭がキレない私の頭で理解できる範囲でしか進めません(^^;)

スポンサーサイト
16:46  |  パソコン  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.30 (Sun)

寄ってこないでオーラ

今、夜からの仕事先は、どんどん人がやめていまして、このままだと男の子が誰もいなくなるという状態になりそうです。そんな状態なので、辞めた人や、もう就職した人をヘルプ要員として登録だけしておき、彼らが空いた時間にくるということがあります。時間があると現れるので、シフトも何もありません(笑)

今日はそのヘルプさんが重なり、さながらオープン当時のような感じに。もちろん、人数は少ないんですが。

終わったあと、その古い時代を知っているスタッフでいろいろ話をしました。お互い同じだけ年齢を重ねていますから、入ったときよりはずいぶん違います。一人の男の子にいたってはまるで別人というくらい変わりました。落ち着いたというか、丸くなったというか。そうなったせいか、こうして話す機会が生まれるようになりました。

話の中で、オーラというか存在感の話になりました。先日、辞めてしまった店長がいるのですが、その人は男性としては身長が低いけれども、それがかっこいいと思わせるくらいのオーラがある。また、あの人がくるだけで周りがぱっと明るくなったよねという・・・。そこから、お互いがどんな感じなのかという印象を話しました。

その話で、私がどうかというと、

「寄ってこないでオーラ」

が仕事中は出ているそうです。社員もそれには同意し、

「だからわざとふざけたり、おちゃらけたりして声をかけている」

とのこと。ただ、それでいながら「フレンドリー」なんだそうです。「どこが?」と聞くと

「声がフレンドリー」

との答え。

それにしても、フレンドリーに見えないことはわかっていたのでフレンドリーという印象にもびっくりでしたが、ちょっと嬉しかったということもあります。ただ何より、寄ってこないでオーラが出ているとの印象を話されたのはものすごく意外でした。私には、本当に一切そんな気持ちがないんですよ。ただ、学生時代から

「とっつきにくい」「声がかけにくい」

というのは、話をするようになった後から、友達からの私の第一印象を聞いていたので、そうなのかな?と。このことが「寄ってこないでオーラ」につながっているのだろうか?とするなら、学生時代から、まったく気づかないままずっとこのオーラをまとって生きていたのだろうか?、帰りながらちょっと考えてしまいました。

こういう一言って、意外と真意をついていたりするので、できるなら改善したいなぁと。

別に、全員に好かれようとか、愛想をふりまいていこうとかいう気持ちはありませんが、でも仕事中に声をかけづらいオーラを出すのはやめたいところですが、自分に気持ち、感情として思い当たることがないので、困ったもんです(^^;)

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.29 (Sat)

私に、人並みの筋力を・・・!

まだお盆でもないというのに、今日はすでに車が大渋滞!

仕事の後、約束があったので、車で出かけました。余裕を持って出かけたのに、ついたのはぎりぎり。いつもは昼でも15分から20分で着くのが、今日は40分近くかかりました。国道の片方は動かない、もう一本は、工事中でずっと一車線しか使えない状態で・・・。国道を移動した意味もあまりなかったような・・・(^^;)

電光掲示板を見ただけですが、高速も混んでるみたいでした。

また、この渋滞の中では他府県ナンバーを結構見掛けました。他府県といっても、神戸からの近県ですが。姫路、京都、大阪、和泉、なにわナンバーなど。夏休みだからですかね??

これからお盆に入ると、どこもかしこも混む時期なので、ドライブ好きの私にはちょっと憂鬱です。

バイクも動かそうと思いながらも、まず駐車場が確保できないこともあり(マンションの駐車場は、大型バイクはだめですし、大型のバイクって意外と止められるところがないんです。)のびのびに。でも、仕事帰りに乗り物に乗れるって楽だなぁとつくづく。一度、それは必要だったのでなのですが、車でいってしまうと、クセになるというか(^^;)でも、毎日車だと、駐車場代も大変なので、そうもいきません。

実際、昔はそれもあってバイクに乗ってましたからね~。あと、東行きの電車ははやく終わってしまうので、仕事の関係上間に合わないこともあるんです。その精神的圧迫からの解放というのもありますね。

とはいえ、一番乗っていた頃から年齢も重ねてますし、ブランクもあります。正直ちょっと怖いところもあるんです。

老化の証拠に、筋肉痛が2日後にくる・・・(>_<)階段が上り下りできないほど、辛い状態ではないですが、今日起きたときは、体が「ギシギシ」というカンジ。もともと運動はしていないので、落ちたとはいいがたいですが、逆にいうと、元々ない筋肉がさらに落ちているので、どうなんだろうと。

また、自分の体重に耐えかねて、足が痛い気もします。階段ののぼりがきついんですよ。重いって感じで。やっぱり鍛えるしかないんですかね??

別に、筋肉を鍛えるとまではいかなくても、ある程度の力はつけたいんですが、今からでも何とかなるんでしょうかね~。28ですが・・・。

06:44  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.28 (Fri)

タイアップの多いコンビニ

最近、タイアップ商品が多いですよね。ファミリー○ートだと、有名司会者とのタイアップ商品が最近でましたが、それ以外にも、有名な外食店や、料理人と提携して、商品名につけて売り出したりと、どんどん新しいものがでてきます。

ついこの間、ampmで、こういったタイアップの商品を食べました。やっぱり知っているお店の名前などを出されると

おいしいかな?

と気になってついつい買ってしまいます(笑)しっかり販売戦略にはまっている私・・・(^_^)

コンビニのお弁当も、どんどんおいしくなって、いろんな種類がありますが、やっぱり限界がありますよね(贅沢ですけど)今回のも、まずいことはなかったですが、期待が大きかったせいもあるのか、タイアップでないものと大差ないように感じました。

でも、こうして目新しいものを出して、売上をあげていかなくてはいけないコンビ二業界も大変だなぁなんて。

今は、コンビニも飽和状態で、業界としては売上が下がっているとか。確実に定着しましたが、その分競争も激しいですよね。

これからの高齢化社会を見越して、高齢者、年配者向けの商品を開発したりと余念がないよう・・・。私は、まだその年齢ではないですが、年配向けの商品は好きだったりするので(特に食品)楽しみであったりします。

今住んでいるところは、駅前にセブン○レブン、ロー○ンがあり、家の近くにはファミリー○ートがあり、仕事先の近くにはampm、今日はどこへ行こうかなという状態。

家の最寄駅前のコンビ二は向かい合ってあるのですが、利用者が多くて、両方ともお客さんが入っている状態。ここの人たちは、コンビニ利用率が高い!なんて思っています。そんな中、お客を取り合うのですから、開発者は大変ですよね。

でも、コンビニファンとしては楽しみです。

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.26 (Wed)

キモチ分析トーク

今日、ネットで見かけました。思わず何だろうと見てしまいましたが、要は

携帯電話で通話するだけで、相手の気持ち(本心)が分かってしまう

というものらしいんです。

あるベンチャー企業が始めたサービスで、会話中の音声に141項目もの解析処理を行うことで、微妙な感情や深層心理を分析。会話している相手に対してどんな気持ちをもっているかを、通話した2~3分後に携帯電話にメールで知らせてくれるというもの。

利用方法は

相手の電話番号を恋人、友人以上恋人未満、友人、夫婦、子供、ビジネスの6つのカテゴリーのどれかに登録。

「iモード」などインターネット接続サービスで「2ban.jp」にアクセスし、メニューから「キモチ分析トーク」を選択。

サイト内に登録された電話番号から相手を選択し、電話をかける。

会話の後、相手の集中力を示す「ハマリ度」、信頼の程度を示す「期待度」、不快感を示す「おじゃま度」、愛情の度合いを示す「ラブラブ度」に分けて、それぞれ200~250字程度で分析結果がメールで送られてくる。

この技術はイスラエルやロシアなどで軍や警察の尋問用システムとして使われているもので、現在分析できる感情は、喜び度、怒り度、悲しみ度、真実度、幸福度、ストレス度など20種類以上。通常のうそ発見器を超える精度で、もうこれは占いや、心理テストといった遊びの領域をはるかに超えているといわれているそうです。

ちなみに、このキモチ分析トークサービスは、 サービス加入料が2000円。「050」から始まるIP電話番号「セカンドナンバー(セカバン)」を作成し、基本料月400円、通話料1分40円で利用できる。

今、人間関係に悩む人は多く、流行に敏感な女子高生や恋人同士などだけではく、ビジネスマンの営業ツールとしてまで、このサービスは活躍しそうだとのコメントがありました。

すごいですよね

正直、最初の感想がこれ。昔から、いろいろ「お遊び」の領域ではありましたが、どれも子供だましのもの。でもこれは、尋問にも使われている技術ですから、ある「側面」は確実に映し出すものなんでしょうね。そう考えると逆に怖いような気もしますが。

そこまで深く考える必要もないのでしょうし、こういう技術もすごい、また必要な場面もあるのでしょうが、人間関係とは、相手のことを想像し、思いやることも大事だと思うんですよ。何でもかんでも技術、機械にたよってそれで安心すると、今すでに言われているマニュアル人間、ステレオタイプな人間になってしまうような・・・。

私も、人間関係では人一倍苦労してきましたし、今もしています。ですから不安も分かります。でも、やっぱり相手は人間です。機械での評価はあくまで機械の評価ですから。

コレを思ったとき、ある話を思い出しました。世の中心理テストがブームで、また会社の採用試験だとか、そういったものにも心理テストが登場するようになりました。犯罪者への「精神鑑定」でもよく使われているようです。

そんな心理テストで「人をはかる尺度にしすぎる」ところがあるというのです。例えば、問題行動のある子供に絵をかかせ、それを心理学者や精神科医のところへ持ち込み

「この子は、盗癖があるんですが、絵に表れていますか?」

と聞きに来たそうなんです。医師はすぐに

「心理テストとはそういうものではありません」

と一喝したそうですが、これはもうテストありきですよね。

また、会社で上司から

「最近のお前は、何か精神的に問題があるように思えるから、医者へ行って来い」

といわれ、部下は精神科を訪れた。

心理テストも利用した結果、軽いうつ状態ではあるものの、精神に障害があるという状態ではないという診断結果。すると、その上司は

「その診断では困る」

と病院へ言って来る。その後、もう一度行くようにとの上司の指示で部下が訪れた。その部下は上司に

「人間としては適正かもしれないが、会社で働く人間としては問題があるのではないかどうか、診断してもらって来い」

といわれたからだそうです。

これはも心理テストがただ単なるその人の「レッテル貼り」に利用されているだけのこと。

性格はこれという実態があるものではなく、人との関係でいろいろな形で表されるもの。心理テストは、それに近づくため、その人のある側面を表しただけのものであるのに、そこから「良い性格」「悪い性格」などといった価値判断がされ、そしてその人の小さな側面を表した心理テストの結果から、差別や、排除といった行動へつながることは恐ろしいことです。

遊びの範囲でやることもいいですし、ある側面を捉えたものでありながらも、それを参考にして自分の思い癖みたいなものを治すきっかけになればいいですが、それを今書いたようなことに使われたらたまりませんよね。でも、実際こういうことは頻繁に起こっているようです。

技術が進歩し、未知の部分へもどんどん解明が進むことは素晴らしいことですし、それによる新たな期待もあります。でも、やはり私たちは「個」の人間であり、機械に、技術に使われるのではなくて、あくまで上手に「利用する」側でいなければならないと思います。

13:09  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.25 (Tue)

ドラクエⅧ

今頃?!ってカンジなんですが(笑)

ちなみに今、二回目です。子供の頃はゲーム好きで、ゲームでなら神戸女学院にいけるのになんて親から言われたものです。でも、小さい頃RPGは苦手で、親に頼ることもありました(^^;)あんまり好きでもありませんでしたし、どうしても早く先に進みたい気持ちが勝ってしまって。なので、やるのはもっぱら、シューティング、アクション、そして麻雀ゲームのどれかでした。

 

RPGがそれなりにうまくできるようになったのが(^^;)高校になったくらいから。そんな中でもドラクエだけは、ずっとやってきたタイトルです。

 

私の勝手なイメージかもしれませんが、ドラクエとファイナルファンタジーという2大巨頭があって、ドラクエ派、FF派と言うか(だから片方しかしないとかではなくて)比べるようなところがあったと思うんです。

 

ところが、スクエアエニックスになって、どちらも同じ会社が出すことに。前作は、プレステで本格的にやるゲームとしては初めてということもあり、画像のきれいさにただ驚いていました。これはいとこが貸してくれ、母が先にクリアしたので、いろいろしゃべりながらやってました(笑)

 

そしてⅧ。発売前、また直後もものすごい反響というか、話題で、正直買おうと思ったのは今が初めてではありません。でも、当時はゆっくりRPGをやる時間なんてありませんでしたし、少しずつやるにしても、ストーリーを忘れてしまうなって(笑)

 

その後中古に出回り始めても、その「忘れてしまう」がネックで買うに至りませんでした。それに、どうもやりだすと子供の頃みたいに先を急ぐことはなくても、ついつい時間があるとゲームをするようになってしまうので、寝不足になるかも?!なんて思って。

それが先日、「何かゲームでもしようかな」という気持ちになりお店に行き、そのときも随分迷ったのですが、とうとう買ってしまいました。

宣伝や、当時お店のデモ画面で分かってはいたのですが、ドラクエってキャラクターは2頭身というイメージだったので、8頭身のキャラクターには最初戸惑いました。

それぞれの「音楽」は変わっていなかったのですが(宿屋とか、教会でのセーブ、カジノとかもそうですし、階段を上がり降りのときの音とか(笑))ちょっとファイナルファンタジーっぽいところもあって

やっぱり会社が一緒だから?

なんて思いました。私はファイナルファンタジーはだいぶ前に1作だけやったことがあるくらいなんですが、合併してからはやっていません。だとすると、ファイナルファンタジーも、ドラクエっぽいと感じるところがあるのかな?と思いました。

 

ソフトとしては、いただきストリートなどで、発売元が一緒の会社ならではのゲームがすでに発売されてますけどね(^^)

そして次に思ったのが

親切設計だなぁ~

ボス、ボス系のキャラの戦いの前には、必ずHP、MPの回復がありますし、「レベルをためる」というためだけの、長時間のバトルは経験しなくていいような気がします。ゲームを普通に進めるだけで、十分クリアできていけるレベルに自然と上がっていくというか。

 

もう、私の中でも当たり前になりつつありながらも、特にドラクエをするときに感じるのが

 

セーブの便利さ

 

ですね。最近のゲームは、セーブがすぐにできるようになっていて、それも親切ですが、セーブも「メモリーカード」ですからね~。教会ではどちらのスロットに?と聞かれるのがなんだかおかしくて(笑)

 

最初なんて、ワケの分からないひらがなの組み合わせの暗号を毎回紙に控え、一文字でも間違っていると、前回のところから再開できないので大変。この暗号でなくなったときもうれしかったですが、今の手軽さには驚きです。

 

次にゲーム内容でうれしかったのが、Ⅷには、バトルロードって言う、モンスターをスカウトして戦わせていく場面があるんですが、Sランクに、ドラクエⅣのライアンとトルネコがでてきたのがびっくりしました。

 

私はⅣの大ファンで、何回クリアしたか数えられないくらい。プレステ版が出たときも購入し、プレイしました。母は特にライアンが好きで、当時、ライアンとホイミンのセットのマグネットを買ってあげるといたく喜ばれた記憶があります。

 

そういえば、ドラクエに限らずですが、特にこういうRPGには最初、主人公に名前をつけますよね。あれって、意外と悩むんです。ほかの方はどうしているんだろうって子供の頃から思っていました。自分の名前って方もいらっしゃるでしょうが、私はどうも自分の名前は抵抗が・・・それに、たいてい主人公は男なので(笑)あと、ほかの仲間は、横文字っぽいというか、日本人ぽくない名前なので、バランスがとれないような。

 

ほかの人の名前の付け方とか、ちょっと知りたいなぁと、常々思っているんです(^^)

23:00  |  ゲーム  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.24 (Mon)

左薬指のリング

私はあまりアクセサリーはつけないほうなのですが、右手の中指と、左の薬指には、必ずリングをしています。右手のリングは私にとってはお守りのようなもので、母にお下がりとしてサイズを作り変えてもらってから、ずっと毎日つけています。

ただ、左の薬指は、石のない、プラチナのリングなので、いわゆるマリッジリングとそっくりなんです。

仕事先の人に

「あれ?結婚してたっけ?」

と聞かれました。この日は、たまたま常連のお客様からも聞かれたんです。今までもずっとしていたのに、なぜか今日に限って重なって・・・。

「いや、人妻やったっけ?って思ってさ(笑)」

別に意味はなく、右手が中指なので、バランス的に左は薬指にしているだけなんですが、意味深に考える人もいるらしくて

「男嫌いなの?」

なんていう人がいたり。もちろん、そんなことはありませんよ(笑)

そういえば昔、セーラー服の襟のどちらを折るかでメッセージがあったりとかいうことを思い出しました。まぁ、こういうのは一時的ですけど、リングは確かにそうだなぁと、人に言われた改めて感じました。

でも、左の薬指に結婚してない人がシンプルなリングをするのって、おかしいんでしょうか??

17:29  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.23 (Sun)

元暴力団組長石原氏の活動を見て

今日のブログは、もしかしたら目にされた方が不快に思ってしまうかもしれませんが、あくまで私の個人的意見として書くものです。

今日、テレビ番組の一つのコーナーで、石原伸司氏の活動を追うものがありました。この方は、元暴力団の組長で、服役経験20年以上。今はライターとして活動する傍ら、「夜回り先生」で有名な水谷修氏の影響から、自らも夜回りを行い、少年少女たちの話を聞き、援助交際、薬物中毒の問題や、さまざまな悩み、問題に対して支援、援助をされている方です。

今日取り上げられていたものは、25歳のホストの男性との交際の末、妊娠。その後、その交際相手と連絡が取れなくなってしまった15歳の少女。

石原氏は、少女と、番組に出演しているあるタレントの方と共に、その男性の家へ訪問し、かなり強い調子で責め立てました。その男性の母親は、インターホン越しの会話でしたが、妊娠の事実を告げられると、家から出てきました。

母親は、息子は今家にはおらず、連絡もとれないとのこと。同時に、この息子はほかでもさまざまなトラブルを起こし、そのたびに親が尻拭いをしてきたという話もしていました。そのことに対して

「わかりますよ。」

と理解は示しつつ

「わかりますけど、それはそれ。親としてその態度は何ですか」

「こっちの問題はどうしてくれるんですか」

と詰め寄ります。

その後、その息子の家族も一緒になり、石原氏と少女、その母で男性のもとへ行き、話しをしていました。

息子は最初、少女を含め、自分に責任を求めるなら自分の子供である証拠が欲しいと言いました。少女はほかの男性とも関係があったからです。

同行したあるタレントは

「できれば生んで欲しい」

といいました。

結局、少女は今産んでも育てられないし、迷惑がかかるので、中絶を選択。息子はその費用を払うといいましたが、息子の家族から金の工面ができないことや、今までの経緯を責められているシーンもありました。最終的には、息子の家族が負担することになったようです。

中絶手術を終え、病院から出てきた少女に石原氏は、

何かあったらいつでも来い

そう伝えていました。

・・・・・・

私はこれを見て、どうしても釈然としなかったのです。石原氏がされていることは、だれにでもできることではないし、世の中の裏表を知り尽くした人だからできる、机上の勉強では出てこないような実のある助言がたくさんあると思います。また、実体験に基づいた言葉には重みがあり、心に響くのだろうと思います。

ただ、確かに妊娠してしまった少女は15歳で、未成年。とても黙認できるものではありませんから、親御さんのお怒りはごもっともですし、また少女自身がどうしていいかわからず、助けを求めたことも分かります。

でも、相手は25歳。立派な大人です。親から巣立ち、自分の責任は自分で取る、とらなければならない年齢です。それを、本人に会う努力をする前に、家に押しかけて、いないと分かるや親や兄弟を一方的に責め立てるのはどうなんだろう?と思います。

もちろん、大人になっても子供は子供ですし、親に何も責任が無いとは言いません。家に行って話を聞くのは当然でしょう。子供をかばって隠す場合もありますから。でも、少なくとも今回のケースはそうではありませんでした。それを

「うちの問題をどうしてくれるんですか!」

と一方的にののしり続けるのはちょっと違うんじゃないかな?と。

また、タレントの言った

「できれば生んで欲しい」

という言葉。これは気持ちは分かります。どうあろうと授かった命。簡単に消していいはずがありません。それに、中絶には精神的、肉体的負担もかかります。言葉として自然に出てしまったのかもしれません。でも、もし生んでどうするんでしょう。15歳の少女に育てられるでしょうか?まして相手には生活力どころか、借金しかないような状態。自分が働くにしても15歳で働ける場所は少ないと思います。この年齢で生活しようとしたら、それこそ間違った働き方になる恐れもあります。

確かに、授かった以上、生むべきという自然の言葉は当然正論だと思いますが、一方すごく無責任ではないかなって思うんです。生んだほうがいいといって、生んだあとどうするか、支援してあげるのか・・・理想論では片付きません。ですから、これは本人や、それに近しい人しか触れてはいけない問題だと思います。

最後に、少女に対して、少女自身の責任の所在は?と。

確かに中絶まで経験し、傷ついたことで言葉にしなくても身をもって十分分かっているからという部分もあります。もちろん、大人である相手の男性の無責任さには腹が立ちますし、やってはいけないことです。でも、この少女は強姦されたわけではありません。少女が未成年だったからといって、一方的に男性が悪く、少女の側には何も責任がないということはないと思うのです。今回のような間違ったことをした責任は、たとえ10代であろうとも(同意の上でのことであった以上)半分半分だと思うのです。

「いつでも来い」

と大きな意味で支えになってあげることは本当にいいことだと思います。

明らかに間違ったことをしてしまい、起こった(起こした)あとに、とんでもないことになってしまった、でもだれに話しても自業自得といわれ、見捨てられてしまうような時、味方になってくれる人こそ本当に必要です。起こったあとに、その当人を責め立てても何の解決にもなりません。「だったら次はどうすればいいのか」が大事です。その手助けをされていることは十分分かりますし、大変な役であり、大切な方だと思います。

でも、相手の男性はともかく、ご家族やご兄弟を強く責めているのと、味方についている少女に対する責任の表し方のバランスがちょっと違うのではないかなって思ったんです。

やっぱり自分でまいた種であること、自分のしていることの大きさに気づかせるために、助けを求めにきた人にも愛情のある苦言を呈し、その上で手を差し伸べるべきではないかなと思いました。

23:49  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.21 (Fri)

一文字違いで大違い

今日歩いていると、ドラッグストアのセールに出くわしました。特に用事があったわけではないのですが、ドラッグストアっていろんなものが売っていて、見るだけでも楽しかったりしますし、また入ったことのないお店だったので、ちょっと寄ってみることにしました。

お店の真ん中あたりに

スリッパ大特価!!

と天井からつるしたプライスが。ドラッグストアにスリッパが売っていても何も不思議ではありませんでしたが、そのスリッパが見当たらないんです。

大特価過ぎて、売り切れちゃったのかな??

なんて思いながら、通路などをきょろきょろしていました。ふと視野に入ってきた、商品棚に、さっきと同じく

スリッパ大特価

の文字と共に、小さな箱がたくさん並んでいました。その小さな箱は

ストッパ下痢止め・・・

間違ってたのね(^^;)

一文字違いで大違いということは、世の中にいろいろありますけど、これもまさにそれ!心の中で、ちょっと笑ってしまいました。

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.20 (Thu)

私の必需ツール、メール

私は、基本的に、電話よりメールが好きです。前にここで書いたこともありますが、電話は強制的に相手の時間を奪ってしまうから、気が引けるんです。お店とか、問い合わせ用の窓口を用意しているようなところは別ですよ(笑)

もちろん、友人、知人にかけても「今、電話大丈夫?」と聞くようにはしていますが、それでも、仕事中であるとか、本当にどうしても手が放せない用事がない限りは、電話を優先してくれるじゃないですか。でも、やっぱり電話がなければ何かしたかったかもしれない、リラックスの時間を奪ったかもしれないと思ってしまうんです。

その点、メールは相手の都合の良いときにあけてもらえるし、都合の良いときに返信してくれればよい。もっというと、返信しなくても、電話の着信をつけてコールバックしないより罪悪感を相手に与えないと思うんです。それに、相手がメールが面倒なら、電話してくれてもいいわけですしね。

なので、私の連絡はメールばかり。そして、人より確実に「長い」んです。

そんな私にFOMAはもちろん、最近の携帯は本当に助かります。ちょっと前までは、一体何通送るんだというカンジ。(今も5000文字満タンに使わないにしても←読みにくい(^^;)何通かになることも結構ありますけどね)しかも当時ドコモは、受信ににもお金がかかるので、あまり送ると迷惑でしたし。(そういうときは、メールで電話をしていいか、またするならいつするかという時間を約束して、それからかけてましたけど(^^;))今はパケホーダイとかありますし、気楽ですね。

で、いつも気にするのが「文体」

文字って、どうしても冷たいというか、ややもすると誤解を与えるような言い回しになることもあります。もともと、複雑な顔文字とかは作れないので、内容に対する気持ちが間違いなく相手に伝わるように気をつけています。

そのため、質問への返事や「終わった」「着いた」などの一言メール以外は、作成に平均一時間くらいかかります。

あまり会ったりしない人は、一度パソコンで作り、それを自分の携帯に送る、そしてそこで転送という形で編集し、何度も読み返して、不愉快でないか、失礼でないか確認し、いろいろ言葉を変えたりして送ります。

この話をするとたいてい友人や、仕事先の人にも

「めんどくさ!」

といわれ、中には

「私も気になる、だからメールってキライやねん」

というコもいました。

もちろん私も、たまたま着信が重なって、返事を書くためのメールが多いと、正直大変だなって思ってしまうこともあるんです。仕事から帰って、寝るまで、もしくは寝る時間を削って作ることもありますから(笑)でも、特に、相談のようなメールは、次の日の朝一番に返してあげたいと思いますし、また、メールは私で終わらせたくはないんです。私に送ってもらった状態で途切れるのは、申し訳なくて。こういうことを書くと、良いのか悪いのかどうなのかっていう感じになりますね(^^;)

でも以前仕事先が一緒で、今は私が辞めたことで全然会えなくなった女性の先輩スタッフだった人と会ったときに、メールで話していたのでお互いの状況も分かっていたせいで、久しぶりに会ってもタイムラグを感じにくかったというか、生活のフィールドというか、環境が変わってしまったから、もう話が合わないということがないということを経験してとても嬉しく思い、

「やっぱりメールっていいな」

と心から思ったんです。

仕事先に限りませんが、去る者は日々に疎しではないですが、会えなくなったことを機に疎遠になってそのまま・・・ということって意外と多いと思うんです。それをなくすというか、つないでくれるもののツールとして、メールってとても便利だと思うんです。

それこそ、相手の生活フィールド、生活パターンが変わっても、メールならそのリズムを乱さず、近況を聞くことができますから。

みなさんのメール活用術や、メールにまつわるお話があれば、お聞きしたいです♪

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.18 (Tue)

24時間営業のスーパー

昨日冷蔵庫を見たらおかずになりそうなものが全くなく、お米とあとは飲み物くらい。これは、近々かい出しにいかねばと思っていたんです。

今日はちょうど車だし、買い物をする体力も残っているので(笑)帰りにスーパーへ寄ることにしました。車であることももちろんですけど、深夜でもやっている24時間営業のスーパーへ。家からだと車で10分くらい。駐車場もあって便利なんです。

深夜といえども、そこはいつも結構流行っていて、それなりにお客様も入っています。今日もそうでした。また、スタッフも結構いて、いたるところで「いらっしゃいませ~」と声をかけられます。

とりあえず「ついで買い」のしにくい生ものや溶けるものを中心に必要なものを・・・と思っていたんですが、手抜きとは分かりながらもやっぱり冷凍食品も欠かせません。また、冷凍食品は、特に何かのついでというわけにもいきませんから(すぐに帰るときでないと、溶けてしまいますから(^^;))こういうときに買いだめしておこうと。

調味料を買い、お魚、お肉、コーヒー、そして冷凍食品・・・買っていくうちに、どんどんかさばって、カゴいっぱいに。途中、スタッフの方に

「カートをお持ちしましょうか?」

といわれる始末(笑)その時点で、ほぼ買い物は終了だったので、ありがとうと言いつつカートは辞退したんですけど、それにしても、すごい量に。最後の二品くらいは、カゴを左腕にかけていたので、その反対の右手に持つような感じでした。

冷蔵庫が「食事で食べるもの」という点では空になってからの買い物だったので、こういう結果になったんですけど、重たかったです。

でも、深夜はやっぱりお客様が少ないので、待遇は昼より断然いいです(^^)生ものはレジの時点で先にビニールに入れてくれますし、商品をつめるための台まで、買い物カゴを運んでくれますしね。

今のところ、24時間営業のスーパーはここしか知りません。出来たのはだいぶ前で、国道沿いのこの店の前を車で通るたび

「確かに便利だけど、24時間あけていて深夜に買いにくるのかな?せいぜいコンビニ感覚の、少量の買い物のお客さんだけだろうから、人件費や光熱費を考えると、採算がとれないのでは?」

なんて思いながら運転してたんですけど、いざ引っ越してみると、そう思っていた自分が、日常的に利用している・・・それも深夜ばかり(^^;)まぁ、深夜でなければ、歩いて行ける近くの商店街や、駅前のスーパーを利用しているということもありますけど。

今日、だいぶ食料を買ってきたので、これでだいぶ食いつなげそうです(笑)

02:30  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.16 (Sun)

写真を撮るときの合図の声は??

私はよく、人から道を聞かれたり、ものをたずねられることが多いのですが、それと共に、写真のシャッターを押してくださいと頼まれることも多いんです。

私は、どこかへ遊びに行くということは全くないのですが(遊びというと、誰かと食事に行くくらいですね)メリケンパークには一人で意味もなくよく行きます(^^)缶コーヒーを飲みながら夜景をみたり、海の風を感じてしばし休憩したりするんですが、同時にここで写真のシャッターを頼まれることがすごく多いんです。まぁ、一応観光地ですから、仕方ないかなとは思うんですけど。ただ、私が行くのは夜なんですけどね~。

ただ私は自分で写真を全くと言っていいほど撮らないこと(オークション出品用の画像以外)もあるのか、ただ単に不器用なだけなのか、写真を撮るのが下手なんですよ。なので、できる限り、押したくないというのが正直なところ。でも、道を聞かれたときに自分が知らなければ、正直に「すみません、分かりません」といえますけど、シャッターを頼まれて「すみません、できません」はちょっと・・・(^^;)

嫌だから、面倒だから断わっているように思われかねませんから。でも、好意からにしても、自信がないのに引き受けて、出来上がりがひどいほうが、結果的には断わるより失礼かもしれない・・・とも思いますし。いつも葛藤があります。

一時期、あまりに頼まれてしまい、この「心の葛藤」が苦しくて、自分なりの休憩スポットへ行くときには、iPodを聞くようにしていまいた。ヘッドホンをしているということで、ささやかなアピール(笑)今日は安心だと、のんびり座ってコーヒーを飲みつつ景色を見ていたら

「すいませ~ん、シャッター押してもらえませんか~?」

!!!なに?!今日はないはずでは?!とは思いつつも、急いでヘッドホンをはずして、カメラの操作方法を聞く私・・・(^_^;)

・・・このときにいつも悩むのが、シャッターを押すときの「かけ声」

私の数少ない写真経験の中、中学、高校の頃に聞いたのは

「1+1は?」 「2」

というもの。でも、さすがにこれはもう死語ですよね・・・。一番定番が

「はい、チーズ」

これも、実は死語ではないかと恥ずかしいのですが、これ以外知らないので、結局恥ずかしいと知りながら「はい、チーズ」といって撮ってあげてます。

今、写真を撮るときの定番の掛け声というか、合図の声は何なんでしょう??ここ数年は全く写真を撮っていないのでさらに分かりません。

最近はデジカメになって、シャッターを押してから、ちょっとタイムラグがあってフラッシュが光ったりするのでもうドキドキします。あと、デジカメって画像がすぐに確認できるので、撮ったあと

「あの人下手だな」

って思われてるだろうなぁと、撮り終わったあとの気まずさがたまりません。(すぐに分からないから良いというわけでもないんですけどね(^^;))リラックスしに行っているのに、いつも結局ヘンな疲れを味わっています。

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.15 (Sat)

久しぶりの深い眠り?!

今日は久しぶりによく眠りました。起きるときは眠たくて、まだ寝たい~ってカンジで、眠たくはあったのですが、寝ていた時間は長いけど眠りが浅かったり、日ごろ、起きたときになんとなくまだ疲れているというか、気持ちのよい目覚めがなかったんです。それが今日は、この独特の辛さがありませんでした。

昨日かおとといは、一時間後とに目が覚めたんですけど、その都度嫌な夢をみました。細かくは覚えていないんですけど、どれもすごく嫌な夢。一つは、首をはねられる夢(はねられる寸前で目覚める)を繰り返し見せられたりしましたね。

それも今日はなく、

「こういう目覚めの感じなら、たとえおきてから眠たくてもぜんぜん耐えられるのになぁ」

と思いながら仕事をしました。もちろん、眠たいので、普段より多少テンションは落ちますけどね(笑)

そんなときに限って、休憩でほかのスタッフと一緒になったりするんですよ。私はほとんど休憩でほかの人と一緒になることがないんです。なっても社員さんくらい。でも今日は、ほかのバイトさんと一緒になることが多かったです。

二年ほど間をあけて、仕事先に戻ってみると、同じメンバーももちろんいるのですが、年月の経過は感じます。自分が、この数年のいろいろな出来事で変わったと思うように、相手も同じ時間、また私とは違った経験をしているのですから、当然なのですが「変わったなぁ」と。

私はヘルプ的な存在ですが、昔のメンバーはほとんどそうなっています。普通に会社に就職して、月に数回ヘルプで来る人もいますし。そういう人は、時間があいたら来るというカンジなんですよ(笑)

当時は、私はあまりバイトと話をしなかったこともありますけど(わざとじゃないんですが、なんとなく)今回、少し話す機会があって話してみると、丸くなったというかはっきりと「変化」を感じました(笑)男の子は特に感じます。当時は理解できなかったり、なぜ?という考えや行動をしていたコも、今では私の考えから照らしても、特に違和感がないカンジになっています。(私の考えがすべて正しいというのではないですよ、もちろん(^^))

ここのスタッフとは、正直、深い話というか、仕事以外の話はあんまりしたくないなぁと思っていたんです。でも、今の年齢まで、いいか悪いか別として、頻度は少ないながらもバイトとしてお互い関わっていて、改めて考えると、今となっては当時からのスタッフと、もう少し話をしてみたいなぁと思うようになりました。

30歳を目前にして、今頃自分の道を模索しているなんて、恥ずかしい話なんですけど、人より成長が遅い、もちろんハンデもあるけど、私なりにやっていこうと考えています。(言い訳?!)自分は、最終的にどうしたらいいのか・・・。答えが出掛かっていたのですが、また最近迷っています。ふと耳にしたテレビでの特集を見て、なんですけどね。

私は、定職というか、社員として働いたことがありません。つまり、職歴なしになります。アルバイトだけですから。どんどん幅は狭くなることは覚悟しています。でもどうすることもできない。口ではなんとでもいえますけど、実際の行動が伴っていない自分に恥ずかしさを覚えます。

実は、私はメールで、いろんな・・・とはいえませんけど、ちょっとした相談相手というか、そういうことをしています。もちろん相手とは会ったこともありません。私は、何かをしてあげるというよりは、話を聞こう、考えを聞こうという気持ちでいます。(実際、解決に結びつく行動を私ができるわけではないですから・・・)そんな私に「ありがとう」と言ってくれるんです。すごくうれしいけれど、ふと自分を振り返ったとき、私のようなものが、何を偉そうにのたまっているのかと不安になることもあります。

自分のことは自分でしか決められない。まだまだあがく日が続きそうです。

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.14 (Fri)

携帯のメモリー

みなさんは、どのように携帯のアドレス帳に登録されていますか?

これって意外とこだわりのある方がおられるのでは?と思います。

ちなみに私は、基本的に全員フルネームで、苗字と名前の間には半角スペース。振り仮名ももちろんそうです。また、分かる限りの情報をいれておきます。(住所、誕生日、好みなど)そして、グループは細かく分けて、友達も自分なりの定義で3種類、あとは仕事先で知り合った人や、お店、情報など、19種類に分けています。

○○ちゃん、○○くんなどと、自分の友達を下の名前だけで登録している友人もいますが、自分では絶対に許せなかったんです(笑)たとえ先生でも、フルネームの後に「先生」とつけて登録していました。

ところが、ここへきて初めて「○○くん(苗字ですけど)」という登録をせざるを得ないというか、そっちのほうがいいなという状況になりました。それは仕事先での知り合い。

私は今まで仕事先の人に個人的なメールアドレスや、番号を(かなり親しくなれば別ですけど)教えることはありませんでした。別にあえて教えないとかそういうことではなくて、自然とそういうことがあまりなかったんです(^^;)ですから、そういう親しくなって教えあう場合は、フルネームで登録することに抵抗はなく、たとえ先輩でもフルネームで登録しても、違和感はありません。

でも、そこまで親しいわけではないけれど、たとえば

仕事先では結構話すけれど、かといって個人的に仲がいいとかそういうことではない

仕事先では結構話していたスタッフが他店へ異動になり、それを機にたまにメールのやりとりをするようになった

店長とはいえバイト仲間だったことも過去にあったことから気軽に話すけど、連絡先を聞いて、電話はもちろん、メールをどうこうすら普通はないけれど、非常用のために知っている

辞めてしまったコとの偶然の出会いは、どっちにしても教えあったでしょうが、それ以外の場合は、今回、一度辞めて復帰したので、その前のやりとりやら、その後の連絡などに使うため、結構仕事先の社員のコに教えたりもしたんで、余計にこういうことになりました。

仕事先では「○○(苗字)くん」と呼んでいる(た)のですが、フルネームで入れると、何か違和感があるんですよ。フルネームを知らないということはないので、入れようと思えば入れられたので、一旦そうしてみたんですが、見るたびに

「何か違う・・・」

それで、初めてフルネームの掟(笑)を破り、仕事先での知り合いに限って「くんづけ」で入れることに。振り仮名は読み方の問題もあるので(難しい読み方もありますから←一度聞いておきながら名前を間違うことほど失礼なことはないですから。)フルネームで入れて、名前の部分(表示される部分)は「○○くん」そして、メモにフルネームを漢字で入れることにしました。

別にこんなことってどうでもいいし(笑)分かればいいじゃないか、と自分でも思うのですが、なんだか気になるんですよ。

私は昔から、結構おおざっぱでいい加減なところが多いんですけど、ヘンなところが気になるというか、神経質なんですよ。この携帯についてのこだわりは特に生産性もないこだわりなので、どうだろう??とは思うのですが、毎日身近に持ち歩く大切なものなのだからかなって解釈してます(^^;)

それにしても、携帯ってどんどん重要な存在になりますよね。個人情報の宝庫でもありますし、携帯でお買い物できるとなれば、お金ともなるわけですし・・・。

お店でも、携帯がなくなった(忘れた)お客様がこられることがあるのですが、みなさん一様にかなり狼狽されています。そのたびに

「わかるなぁ」

と思います。財布並みにあわてます、携帯がないと。

携帯依存症なんて言葉がありますけど、私もそうかもしれないなぁと思いました。

15:02  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.13 (Thu)

ローソンの秘密?!

今日、夕方からの仕事先の学生さんと、休憩時間におしゃべりしていました。彼は、関西にある「流通科学大学」という大学の学生。この学校は、ダイエーの創業者、中内さんが作り、学長を勤められていた学校です。

私も何度か行ったことがあり、数年前初めて行ったとき(別に今となっては学内にコンビニがあることは珍しくありませんが)コンビニがあること、そしてさすがにやっぱりそれはローソンで(笑)学生証がカードになっていて買い物できること、そしてそのローソンが、学校だけのものではなくて、地域の人たちが普通に利用していること(これは、コンビニだけでなく、図書館も。なので、学校内にいろんな人・・・子供からお年寄りまでいらっしゃるんです)そして、学ぶ学科によっては、この学内のローソンでの「ローソン実習」なるものが存在します。学生が学生を相手にするって、もし私なら普通にローソンでバイトするよりちょっと抵抗というか、恥ずかしいだろうなぁと思います。当時の友達も嫌がってました(^^;)

また、これはここだけではないかもしれませんが、校内に灰皿がいたるところにあり、学生も普通に学内でどこでもタバコを吸う。学校には駐車場がついていて、車、バイク通学OK(アクセスが不便ということもありますけど、駐車場つきとはびっくり!)などに驚かされたものです。

当時、私も大学生だったのですが、私の学校は超がつくほどの保守的な学校で、女子校だったせいもあり、余計に違和感があったのかもしれませんが。

あと、中学から女子校で育ったので、共学では当たり前と頭で分かっていながら学校に男子学生がいることにどうしても慣れられませんでした(^^;)

さて、話をも戻しまして、このバイトさんとのお話で

「ローソンの新製品は流通から」

ということを聞いたんです。ローソンでの発売目的で新作商品の開発をして展開する前、まず流通のローソンに置くんだそうです。で、そこで売れれば発売、売れなければその商品は展開されずに終わるんだそうです。つまり、流通生が買うか買わないかにかかっているということ!

もちろん、先に書いたように、地域の方も自由に学校内に入って、買い物されますので、全部が学生の支持によって・・・ということではありませんが、それでもやはり利用率は圧倒的に学生の割合が高いと思われます。

当時も、あまり見かけない商品を見たことがあったのですが、こういう理由からだったんですね~。妙に納得してしまったひと時でした(^^)

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.11 (Tue)

国道でみた「異様な光景」

昨日は、今日に日付が変わった頃に車にのっていました。

神戸には、新神戸トンネルという、比較的長い有料道路があるのですが、さすがにこの時間にはだれも走っていません。普段から比較的すいているのですが、この時間とはいえ、全く一台も走っていないのはちょっと不思議な光景です。制限60なんですが、普段その速度で走る人はほとんどいません(笑)私もそうなのですが、だれもいないと、目安がメーターのみ。気づくとすごくオーバーすることになりかねないので、かえって気を遣いました。ここでもし捕まったら一発免停確定ですから(^^;)結局トンネルを走り抜けるまで、一台の車にも出会わず、また何事もなくに走り抜けました(^^)

さて、車といえば、昨日の朝出かけるときのこと。朝はさすがに国道は混んでいるのですが、昨日はいつもより少し混んでいるように感じました。私は一番右を走っていたのですが、すぐ左の車線の少し前に、車のサンルーフから茶色のふわふわの毛?みたいなもの、ぬいぐるみのライオンみたいなカンジの毛が揺れているんです。

「???」

なんだろうかと思って近づくと、なんと、若い女の子4人ではないですか!

若い女の子4人が、アルファードのサンルーフから上半身を出して、手をたたいて踊ったりおしゃべりして笑ったり景色を見回して注目を集めて遊んでいたのでした。あの「毛」は、女の子たちの明るい茶髪だったんですね。

女性だと分かるまでちょっと時間がかかってしまって、一瞬何が起こっているのかわかりませんでした。(そっちばっかりに気をとられると危ないですしね(^^;))

あと関係ないのですが、いくらアルファードが大きい車とはいえ、あそこから女性が4人体をだすのはキツクないのかな?足場は?なんてどうでもいい心配をしてしまいました(ーー;)

運転している人は恥ずかしくないのだろうか?危ないと注意しないのだろうか?と思ったのですが・・・。ドライバーは30代くらいの男性の方で、いたって普通の格好。別にノッている様子もなく(苦笑)我関せずといったふうに見えました。

ちなみにナンバーは大阪で、4桁の番号もキリのいい番号だったので、希望ナンバー?といったカンジ。朝の9時頃にこんなことできるテンションには驚きます。まぁ、夜ならいいというものではないのですが。まだお酒が入って繁華街で若い子が騒いでいるとかなら想像もできますが、車の波はほとんどが出勤途中の人が多いと思われる時間帯、近くに住宅ばかりの国道でこんなことをして、楽しいのだろうか?と。(あと、こんな朝から大阪からどこへ行くのかな?)

確かに場違いで目立ちますから「普段以上の注目を受ける」ということはあるでしょう。彼女たちにはそれが楽しいのかもしれませんが、半分以上はヒンシュクの目だと思うのは私だけでしょうか。

ただ、もしかしたらそういう周りの注目とは関係なく、自分たちが楽しければいい、人の目は気にならないというタイプなのでしょうか・・・。想像しても理解を超えた光景でした。

17:39  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.09 (Sun)

私の話し方を真似たい?!

前に働いていたところに復帰した話は前に書いたのですが、そこで、最近、いろいろとおしゃべりする機会が増えています。

今、私の復帰先の職場は人手不足で、私のようにヘルプ的な登録の人が結構います。今日は、そういう人が重なり、スタッフ的には「懐かしい画」になったんです。みんな一度は辞めた人や、辞める前提だったけれど、こられるときだけということで辞めずに名前が残っている人。月にしても出勤が一桁の人もいますから、ほとんど出会うこともありません。今となってはそんな人と、今日、休憩の時におしゃべりする時間がありました。

なんとなくしゃべっていると、同じオープニングスタッフだった男のコが

「最近、話し方を変えようと努力してるんです。やわらかいカンジにするというか、語尾に気をつけたり・・・。いうなれば、○○さん(私の本名)みたいなしゃべり方にしたいんスよね。」

もちろん、私も仕事先ですから、完全に同輩のお友達とおしゃべりする時とはさすがにちょっと話し方は変えています。それに、誰が聞いても不愉快でない、でもあまり距離感の出来ないしゃべり方をしようとは心がけていたので、こう言われたことはちょっとうれしかったです。

あと、出身を聞かれました。私は関西生まれの関西育ち。一時期東京へいたそうですが、物心ついてからはずっと関西なので、自分への言葉の影響はないと思っていたんですが、やっぱり言葉が少し「まるっきり関西弁」とは違うみたいです。「しゃべり方を聞いてるとちょっとだけ違う」といわれました。

まぁ、父は東京生まれの東京育ち、いとこなどは全員東京で、母も東京で住み、また仕事をしていた時期があったので、私の場合は一番身近におしゃべりしていた母の影響かなぁと思います。私も母が、いわゆる大阪弁というような「関西弁」ではなかったのは感じていました。ただ、ある意味神戸弁なのかなくらいに思っていましたが。

逆にいうと、いとこは「完全な東京弁」というか、共通語じゃなくて、周りから「ちょっと違う」って言われるらしいです。いとこは、10代の時を関西で過ごしているのと、母は完全ではないにしても、やっぱり大まかにわければ関西弁ですから(笑)混ざったんだろうなぁと思います。

私はもともと、この職場で、周りと話をするようになったのは、辞める2年くらい前からだったんです。それまでは、社員や、リーダーなどのコと話すだけ(仕事のポジション上そうなるんですけどね)でした。なので、普通にアルバイト同士で話す自分、それだけでも、変化だなぁと思っていたものですが、今のカンジにはもっと驚きます。前に居た、一緒に働いていたのに、全く話さなかったようなコと、普通に話をしていたり、そのコつながりで、早番や、ほかのコと話すようになったり。

また、遅番の元後輩のコとご飯を食べた帰りに、早番のコ(私がいたときにはいなかった、知らないスタッフ)と横断歩道ですれ違いました。当然後輩のコは知っているので、軽くおしゃべり。そのおしゃべりに、何の違和感も無く、すっと入っている自分。もちろん、仕事先が一緒なので話が分かるといわれればそれもそうなのですが、私としては初めて顔を見た人と普通にしゃべったことが驚きでした。

次の日、早番と遅番の交代のときにたまたますれ違って、手を振りました。そして、今日は向こうから交代のときに横へ来て、私の下の名前を調べたらしく(笑)呼んできました。こんな風な違和感の無い入り方を経験したことがないので、不思議な感覚です。

また、おととい、昨日とたまたま辞めたコが遊びに来て、挨拶してくれました。一人は、たまたま私の出かけた先で出会って、そのときメルアドの交換をしたのですが、もう一人は、辞めたこともだいぶ後に知ったくらいで、もう会うこともないだろうくらいに思っていたんです。早速メルアドを教えてもらって、連絡がつけられるようにしました。そのコは私の顔を見るなり、ものすごく驚いてましたけど(^^;)「なんでいるの?!」

私は、人見知り・・・も軽くありますし、あんまりすぐには新しい環境に馴染んだりできません。また、新しい友人を作るのも苦手なんです。(馴れ馴れしい人が自分で苦手なので、最初どういう風に接するのか考えすぎてしまうんです。)友人でなくても、なんとなく人間関係でつまづくことが多くて、それがトラウマみたいになって、何かをするときに、その「ものごと」ではなくて、人間関係にしり込みしてしまっています。

もちろん、今でもその恐怖はつきまといますし、相変わらず人間関係ではつまづいています。でも、改めて2年ぶりに戻ってみて、やっぱり見えることが違うし、話すことも、受けることも違う。もちろん、相手も同じだけの年数を重ねてきていることもありますが、そういうことを、自己満足ではありながらも「成長」とよべるのだろうか?と思っているところです。

23:00  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.08 (Sat)

近所に「遺跡発掘現場」発見

だんだん、駅へ歩くのも頻繁になり、最寄り駅感が少しずつできてきている今日この頃。今日は少し余裕があったので、ゆっくり歩いていました。すると、駅近くのフェンスに囲まれたところが「遺跡発掘現場」であることを今日初めて気が付いたんです。

普通の工事現場だと思って、聞き流しならぬ見流していたんですが(そんな言葉あるのか?!(^^;))人が座り込んでいるのがフェンスの透明なところから見えたので、なんだろうと看板を見ると、遺跡発掘現場との表記。びっくりしました。こんな国道のそばでやっていたなんて。(遺跡に国道も関係ないですけど(^^;))

建物を建てていて、遺跡というか、出土品が出ると、工事がストップするので、見つからないように壊したり埋めてしまうという話を昔聞いたことがありますが、今はどうなんでしょう。

でも遺跡ってすごいですよね。特に考古学に興味があるわけではないですが、テレビなので、ここに柱があったとか、こんな施設があったとかマークしてありますけど、ここまでするのにどうやって掘り出すのかなぁといつも関心します。よくハケとかで土を払ったりは見ますけど、それこそ柱のあとなどはどうやって判断してるのかなぁと思います。

それにしても、当たり前ですけど、この同じ土地で、ずっと人間が歴史を刻んできたんだと思うと不思議になります。遺跡もそうですが、樹齢何百年という木にも思います。いろいろな移り変わりを見てきたんだろうなぁ。木はどう思っているんだろう・・・。聞いてみたいなぁって(笑)

ただ、先日どこかの神社の樹齢の高い木に、枯らすことを目的に根に穴を開けて、除草剤(だったと思います)を入れられた事件がありましたけど、どういう神経なんだろうか理解できません。

よくありませんけど、たとえばお賽銭泥棒とかなら、お金が欲しかったとか目的が分かりますけど、こんなことしても何の得にもならないし、寝覚めも悪いと思うんですけど・・・。

02:50  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.07 (Fri)

先日行った居酒屋の機械化にびっくり

最近はどんどん機械化されていはいますが、ここは、注文がすべて機械なんです。

取り外せる小さなモニターみたいなのが机にセットしてあって、タッチパネルで選択して注文ボタンを押す。注文確定の画面が出ると、モニターを戻す。すると、しばらくするとお料理が運ばれてくるというものなんです。(確定を押すと、ちょっと向こうにあるであろう厨房と思われるところに、チャイムが鳴ってました。それが「オーダーが入った」という合図なんでしょう。)

モニターは、最近ファミリーレストランでもよく置いてあったりしますけど、あくまでこれはお遊びのため。注文するためのものではありません。相変わらず「ピンポーン」って鳴るボタンを押して、店員さんを呼んで、その方に注文しますよね。それがここではすべて機械!なので、フロアに店員さんがいないんです。最初におしぼりなどを持ってきてくれるだけで、あとはモニターで注文するので、フロアを巡回する必要がないんですね。

どんどん人がいらなくなるなぁ

こうすることで、人件費削減はもちろんのこと、店員による注文の聞き違い、入力ミスは防げるのでいいかもしれません。それに、映像でビジュアル的に注文できるので、たまにある恥ずかしい長い料理名((^^;))を店員に話す必要もなくなります(笑)

ただ、ご年配の方にはこれってどうなのかなぁと思いました。だんだん字も見えづらくなってきますし、あぁいう操作ってわずらわしいと思う場合もあるじゃないですか。また、タッチパネルが結構デリケートなので、押したものの隣が反応して違うものが来てしまったりとかということはないのかなぁと。

これからどこまで機械化していくのやら。私は、新しいもの好きで、こういうこと(機械化された新しいサービスなども)はなんでも試してみたいほうです。なので、楽しみなんですが、フィールドによってはちょっと最近行きすぎ感も感じています。

14:35  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.07 (Fri)

駅を乗り過ごしかけた(^^;)

まぁ、私がぼんやりしていただけということもありますが(^^;)

今、住んでいるところの最寄駅は、引っ越す前の駅の二つ西にあるんです。今、夜に働いているところは、一旦辞めて復帰したところ。つまり引っ越す前に毎日通っていたところ。仕事を終えて電車に乗り込むと、今までに染み付いたクセで、なんとなくそのまま乗っていってしまいそうになるんです。今日は、ドアの横に立っていたんですが、そのままやりすごしそうになりました。人の乗り降りはそこそこ多い駅なので、途中で

「あ、私もだった」

と気が付きましたが。最終電車なので、乗り過ごすととても困ったことになりますんで、気が付いてよかったです(^^;)

さて、駅といえば駅ビル。今度引っ越してきた最寄り駅も、結構大きな駅ビルが建っているんです。今日こそ少しは探検するぞと思ったのですが・・・。少し行って引き返してしまいました。行くだけ行って、帰ってこれず、夕方の仕事に影響がでたら困りますし・・・。本当は、ソックスとTシャツは必要だったので、いいものがあれば買おうかというくらいの気持ちはあったんですけどね。

まぁ、初めての探検に、後の予定が仕事というのはふさわしくないですけどね。でも、オフの日は、ほとんど最寄り駅の方面へは行かないので、建物の概要を知るようになるには一体どれくらいかかるやら・・・。

02:16  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.04 (Tue)

赤米・黒米って食べたことありますか?

いわゆる古代米というものなのですが、今日は赤米をチャレンジ。一体どういう仕上がりになるのか楽しみです。

先日、あるホームセンターで種もみをみつけ、知人が育てているんです。ちょうどそのホームセンターの帰り、サ○ィで「出来たもの」を発見。その日は買わなかったのですが、昨日、出来上がりはどうなるんだろうと食べてみようという話になり、買いにに行きました。そして、赤米と黒米を半分ずつ分けて、お互い試してみることに。

知人が育てている苗も、順調に育って、稲っぽく(笑)なっていますので、買ったもの以上に楽しみです。

ただ、食べてみて印象が変わるのでは?!とちょっとだけ・・・ちょっとだけですけど恐れています(^^;)

17:43  |  食べ物・飲み物  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.03 (Mon)

私は「珍味」が好き

・・・といっても、カラスミとか、そういう珍味じゃないですよ。いわゆるビールのおつまみというか、そういったもののこと。結構子供のころからなんですけど、なんだか好きです。

スルメイカ、カワハギ、のしいか、マグロフレーク、柿の種、ピスタチオ・・・などなど。

最近、また久しぶりにはまっているのが

ハニーピーナッツ

変なんですけど、私はふつうのピーナッツはほとんど・・・というか、食べません。なので、柿の種でも、おかきのほうだけ食べてしまう(笑)でもこのハニーピーナッツだけはピーナッツなのになんだか好きなんです。テレビを見ながら、パソコンをしながら、ついポリポリ食べてしまいます。

少し前はハギロールばっかり食べてましたし、好きなのしいかを見つけたときは、リカーショップでたくさん注文したことも(笑)ただ、手がべたべたになるのが難点ですが(^^;)

特にお酒が大好きというわけでもないのですが、上に書いた以外の、たとえば一品料理みたいなものでも、お酒の「お供」的なものが好きです。

ちなみにお酒はビール以外はあんまり好きではありません。日本酒も焼酎も飲めませんし、ワインもあんまり。ウィスキーやブランデーは水割りなら飲めますけど、あえて飲みたいとは思いません。カクテルは、ウィスキーやブランデーよりはおいしいと思って飲みますけど、でもあえて「飲みたいからお店へ」とまでは・・・。唯一ビールだけが、お風呂上りの楽しみで、常に冷蔵庫に入っているアルコールです。

私の周りは、一滴も飲めないか、酒豪かのどちらかしかいないんです。楽しいお酒は私はとてもいいと思いますけど、お酒の力を借りて、普段いえないことをいったりする人はちょっと・・・。お付き合いで、少しは飲めたほうがいいお酒ですけど、程度問題ですよね。

私はそこまで「飲めるようになりたい」と思ったこともないのですが「楽しく酔った」経験がありません。ひどい悪酔いは一度だけあり、それ以外は特に普通と変わらないという感じ。なので、酔っ払ったという感覚を一度だけ味わってみたい願望は密かにあります(笑)

あと、もう少し大人になるまでに、日本酒が少しは飲める人になっておきたいなぁとこれも「少しだけ」思います。

12:39  |  食べ物・飲み物  |  EDIT  |  ↑Top

2006'07.02 (Sun)

駐車場での謂れ無い非難

今日は、仕事先の後輩さんと食事に行きました。・・・とはいえ、日付が変わっているので、厳密には1日に行った話ですけど。

仕事が終わったのが今日2日に日付が変わった直後くらい。それからなので、真夜中の食事です(^^;)週末は、お店も遅くまでやっているので、逆に言うと週末しか行けないんですけどね。そのため、昨日は、車で出勤しました。

少し行かないと、景色というか、お店、雰囲気も随分変わっています。久しぶりに行った今日の食事を考えたお店のあたりに、数年ぶりに行ったんですが、ガラっと変わっていました。お店の雰囲気も変わっていて、びっくり。楽しくおしゃべりもして、楽しかったです。

さて、最初に「車で行った」と書きましたが、週末ということもあり、また駐車禁止の取り締まり強化のあおりもあってか、駐車場が従来より明らかに混んでいました。私がいつも止めるのは、ダイ○ーの契約駐車場にもなっている屋外の平面駐車場。深夜料金の適用が少し早いのと、入れやすいのもあってよく利用します。

ところが今日は、外に並ぶほど。狭い対面通行の道に面しているので、列をなして並ぶことはできません。ゲートのところに入って停まれる1台分のみ。私は一度国道へ出て、また回って駐車場へ戻ると、満車だったのですが、待っている車がなかったので、車を順番待ちできそうでした。私は車をゲートの前に入れて、窓を全開にして、すぐチケットを取れる状態で待つことにしました。

少しして、私の車の後ろに黒のベンツが停まりました。斜めに入れていて、これだと通行の邪魔になるぞ?!とバックミラーで見ていました。すると、その車の男性は、車から降りてきて、私を突然怒鳴りつけました。

「お前、頭おかしいんちゃうんか!!死んでまえ!はよさっさと券とって行かんかいや!車、ぶつけてつぶしたろか!」

とかほかにもいろいろ言ってましたが、とにかく怒鳴り散らします。私は無視していたら、さらに私の運転席の窓のところまで近づいて、怒鳴りちらしています。

「おい、いかれとんのか!消えろ!」

そうこうしていると、騒ぎに気づいたのか、隣に観光バスなどが止まるための大きな駐車場があるんですけど、そこの管理人さん?というか係りの人が

「すんません、満車ですねん」

と、その男性に話しかけ、助け舟を出してくれました。

「満車?!」

と男性は大きな声で繰り返し、駐車場入り口の赤い「満車」表示ランプを見ます。その間で、道は渋滞というか、交通が滞っているのですが、騒ぎを気にしてか、クラクションなどを鳴らす人はいません。

「なんやねん、ふざけてんのか!ええ加減にせ~よ!」

とまた怒鳴り散らし、クラクションを鳴らしながら車をバックさせて、どこかへ行ってしまいました。行ったあと、そのおじさんが

「なんやろね、あの人、気ちがいみたいやなぁ・・・」

と呆れ顔に、また私に同情してくれました。最後は、自分の非が分かったものの、引っ込みがつかなくなったので、よけい偽悪的になったのかもしれませんが。

先日、ここで、だいぶ前に駐車場で女性にいきなり意味の分からないことを言われたと書いたのですが、こういう、どう考えても自分に落ち度が考えられないトラブルが二度目です。

正直、怖かったです。この係りの人のおかげで、特に大きなトラブルにならずに済みましたが、だれも居なかったらどうなっていたか。でも、週末と休日しかこういう係りの人はいません。もちろん、週末だから混んでいたわけで、普段はあまり、並んだりとかそういうことはないので、こういうトラブルもないといえばそうなのですが。

それに、私が

「満車なんで、チケットは発券されないんです」

と答えればいいだけのことなのでしょうが、女だと思って、なめてかかられて、また引っ込みがつかなくなって逆ギレされるかもしれません。(今回の場合は相手はすでにキレてましたけど(^^;))

昔、母は私によく

車に乗っていて、もし、知らない人、変な人が例えば窓から手や頭を入れてきたり、ドアに手をかけて開けようとしてきたりしたら、迷わず車を発進させなさい

と言っていました。「そんなことして、罪になったらどうしよう」とか考えなくて良い、怖かった、何をされるか分からなかったと後で言えば通るからと。

この罪に関してどうこうは別として、それは頭にいつも入れていました。

ところが今回は駐車場。前はゲートで進めない状態。そこで、後ろの車にこういうことをされると、逃げ道がない。まして、チケットをすばやく取れるように、また音声が聞こえるように、すでに運転席の窓を全開していました。そのため、相手からすぐに直接接触できてしまう状態。

普段からドアロックはするようにしていますし、知らない人が窓をたたいたり、ドアをたたいても、いきなりドアをあけたり、窓を全開にせず、少しだけあけて話を聞くようにしています。でも、今回はドアロックはしていましたが、窓が・・・。

気をつけていても、意外なところに危険はあるなぁと気が付いた一日でした。

20:37  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。