スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.31 (Mon)

シベリア文太さんって・・・??

私はお笑いが好きと再三書いていますが、最近いいなぁと思ったのが「シベリア文太さん」です。
もう長いこと間寛平さんのお弟子さんだそうです。しかし寛平さんに何度も「お前は芸人には向いていないから辞めて就職しろ」といわれながらも諦めずにずっと続けているんだそうです。
芸名の由来は菅原文太さんに似ていて「シベリア」はギャグが凍りつくようで寒いから・・・だそうです(笑)

先日、寛平まつりの放送があって、それをみて思わずあの方の空気に笑ってしまいました。すべり芸とはまた違うのですが、私は好きでした。「笑った人を数える」タイミングが絶妙で(笑)

ずっと夢をあきらめないで、必死でくらいついてきたんだと思います。なんか頑張ってほしいなぁと思ってしまいました。
スポンサーサイト
03:40  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.30 (Sun)

バーの前でドレスアップしたカップルを見かけました

今日、たまたま通りかかったバーで、たぶん結婚のお披露目パーティーをやっているみたいで、ちょうど新郎新婦さんがお店に「入場」するところを見かけました。

女性は、純白のスカートの部分にお花のついた可愛いドレスに、ティアラという装いのとてもかわいらしい方で、男性はランディーズの高井さんによく似ていました。
お友達の数がすごくて大騒ぎ。そのお店はガラス張りなので、外からもよく見えるんです。ちょうど外の噴水と池のところに階段があって、そこを上がっていたんですが、そこから伝わってくる雰囲気が、とても楽しそうでした。

私の年齢なら、子供がいてもおかしくないんですよね~。でも、私はもちろん、私の周りの友達も、まだ一人も結婚していないので、そういった世界の実感がわきません。友達の友達・・・までなると、結婚、出産された人もいるようなのですが。
でも、今自分が母親に・・・なんて絶対無理です。自分が子供なのに、子供を育てるなんて絶対無理です。まして結婚も・・・。
もう少し前の時代だったらどうなっていたことかと最近思います。
そういう意味では今でよかった・・・。別に結婚していないからと周りからどうのこうの言われることもないですし、たとえ離婚しても昔ほど後ろめたくはないですから。
02:20  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.29 (Sat)

「ゆっくり」暴走族で大渋滞

今日、車で帰っていたら、いつもなら「この坂を下ると車線が増えて走りやすい」って地点(須磨駅より少し東)が異様に混んでいるんです。深夜なのにおかしいなぁと思ってみると、なんと視線の先には、蛇行運転する改造オートバイや原付、車が何十台も、車線なんか全く関係ナシに大きな帯のようにゆっくり走っているんです。
久々に箱乗りを見ました(苦笑)何せすごい台数でした。遅い!!進まない!うるさい!・・・

バイクや原付はまぁまぁ改造されてるんですが、車はそれほどの改造車はありませんでした。
車はセルシオやワゴンR、クレスタ、マークⅡ、シビックなどで、スポーツカーはいませんでした。バイクはちょっとわかりませんでしたが、ビッグスクーターもいました。
チーム名貼っている車も全部じゃないので、ある意味普通の車がまざっても違和感がないというか、だれがチームでだれがそうでないか分からないんですよね。
私が信号待ちしている後ろから抜いて信号無視していく車を見たら「あ、君は仲間なのね」という感じです(苦笑)

私のイメージとしては、マフラーを改造しふかしながら、音楽をガンガンにならし、箱乗りをしたりしながら騒ぎ立て、蛇行運転し、場合によっては爆竹などを投げたりしている・・・というものだったんですが、彼らはそういうことはありませんでした。その集団のうずにはまってしまっても、別段何ということもなく、ただ団体でゆっくり走っている・・・という感じでした。もちろん、マフラーは改造していて、台数が多いのでうるさいのはうるさいのですが、車は特に・・・。バイクはまぁ蛇行とかしていましたが。
横にきたバイクのコや、車のコと目が合っても、本当に普通の男の子とか、どちらかというとおとなしそうな感じのコが多い集団でした。音楽に乗ってノリノリのコや、調子に乗っているコもいなくて、ある意味謎でした。これだけの集団なのだから、結構な組織なんでしょうが、目的と言うか、行動とやっている人とのテンションに差がありすぎ・・・。

抜いてしまえば逆についてこれないので、縫って抜いて前へでようとしたんですが、台数が多すぎてちょっと無理でした(苦笑)この「遅い方」の「暴走族」は本当に迷惑です。ある意味「暴走してくれ~」と思ってしまいましたよ。

信号無視は集団でしているのですが、あまりに大量の車とバイクが当たり前のように、しかもゆっくり通過するので、思わずついていってしまいそうになりました(苦笑)

でも、信号を待って進んでも、集団のスピードは極端に遅いので、すぐに追いついてしまうんですよね・・・。良くはないですが、自分たちがしたいことはしたらいいんですけど、一車線くらい空けてくれ~!!と思いました。40キロから50キロくらいで走りますから、進まないんですよ。イライラ・・・。しかも、ブレーキも急だったり、それこそどういう動きするか予測がしにくいので怖いんですよね。追突とかしたくないですから。

でも、もしここに警察が来ても、スピード違反は取れないなぁと思いました。取るとしたら信号無視と、整備不良・・・くらいなんですよね。逆にスピード違反は私を含めた一般の人たち(苦笑)
もし、取り締まりに来て、とばっちり(・・・と言っていいかわかりませんが)で捕まるのが怖かったです。

あと、そういう「一般者に違和感のない集団」なので、紛れているときに例えば警察が来て「一緒に止められたらどうしよう」と思ってしまいした。違うから、いいんですが、一緒に止められても嫌じゃないですか。それくらい普通のテンションなんですよ、みんな。
まぁ、警察が来る気配はなかったですが。

神戸まで来て、バイパスに乗ることによって、その集団を抜くことになり、やっと普段どおり走れることに。集団がせき止めていた分、前はガラガラ。バイパスも1台か2台くらいしか走ってなくて、それこそ取り締まりにドキドキ。

それにしても、あれほど近くでみて、あれほど怖くなかった、すさまじい数の集団は初めてでした。
02:46  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.26 (Wed)

近所で「事件」が!!

今日はびっくりがたくさんでした。
車で帰る途中、飲み物を買おうとメリケンパーク近くへ行ったんです。ポートタワーのすぐ下。すぐそばのオリエンタルホテル前は、いつもなら、若いコが乗っているらしき車が数台とまり、たとえ平日であろうと、数人は人がいるはずなのに、今日は誰一人いないんです。タクシーも一台だけで、そのほかの一般車は一台も。
もう少し言うと、信号の関係でハーバーランドから回ったんですが、いつも止まっている路上駐車の車もほとんどいませんでした。
「何かあったんだろうか?」
というくらい。

ジュースを買い、家へ向かって出発。家の最寄り駅の北側の道路には、パトカーが3台止まってなにか警官が話をしています。
「何か事件でもあったのかな?」

ここ数年、物騒になってきて、パトロールが強化されていたんですが、最近は夜中にパトカーのパトロールを見ないなと思っていたところだったんです。このパトカー3台の横を通り過ぎて、路地へ入ると、早速パトロールのパトカーに出会いました。

路地を抜け、もうすぐ家だぞというところで、またもや赤色等の嵐。家の本当に近所のお店が並んでいる一角でした。
「こんな夜中に駐禁??」
そこは、昼夜問わず、コンビニなどもあるので車がびっしりで、あんまりになると近所の人が通報したりするんです。でも、それにしてはなんだか雰囲気が違います。

家に向かって車を進めると、なんと、パトカーは5台、バイクが3台という物々しさ。そして視線を移すと、そこには立ち入り禁止の黄色いテープが張られ、鑑識らしき人が、ドラマなどでみる指紋をとっている動作をしていました。
「これは明らかに事件だ!!」

その店は、ケーキショップと喫茶店が一緒になった神戸の老舗のお店と、セブン○レブンにはさまれた、ちょっと品揃えの変わった特徴のある100円ショップ。また営業時間が0時までなんです。私もよく利用しています。

私は、その事件の規制のせいで本来、曲がりたいところで曲がれず、回り道するハメになりましたが・・・。野次馬根性もよくありませんが、何があったのかとても気になります。

それにしても、事件起きすぎです。
ここのところ、回ってくる回覧板には防犯情報があるんですが、空き巣に引ったくりが多発しています。また、強盗も近所でありました。あと、車に軽く当てて、ドライバーが降りてきたところで車を奪う・・・という今テレビでよく報じられている窃盗(?)も多いようです。
今日の昼は、西宮(甲子園球場の近く)で一件起こっている報道がありました。

私の住んでいるあたりは、そういった心配は一切なかったんですがね~。残念です。それにしても怖い・・・。
05:37  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.25 (Tue)

私の体のサイクル・・・

最近、私の体は、3ヶ月周期で回っているのでは?と思ってしまします。やっと元に戻ったかなぁというおやすみリズムがまた乱れ・・・。少し前にやっとご飯がおいしく普通に食べられるようになったばっかりなのに。

(しかも、今これを打っている状況にデジャヴ感覚が・・・。)

この「眠れない」「寝てもすぐ目が覚める」「変な時間に無性に眠い」の状態はいきなり来るんです。何かしたとかではなくて。やっと食事が戻ってこれで・・・というときに「また?!」みたいな。
しかも、胃が弱るのか、肌荒れもひどくなるんです。結局元にもどったかなぁ?というとまた眠れなくなるので、年中肌荒れとにきび、吹き出物で痛い・・・。

体はまぁ動くので、問題ないといえば問題ないのですが、ご飯がおいしく食べられないのは私にとって最大の不幸です~。それに、全くすかないときもありますし、おなかすいたかなぁと思って食べても量が入らなかったり、でもすぐにまた空いてきたり・・・。で、あるときにものすごくおなかがすいて食べまくったり・・・。

こういう時期は、友達と会うことが出来ないので悲しいです。友達と会えば、何か飲食することになりますが、一切それができないんです。体は別にだるくて座ってられないとか、熱があるとかないので、しゃべるのは全然平気なんですが、飲食ができないので会いづらくなる・・・。

でも、結局外で気軽に食べられる時期がほとんどない・・・。たまに人から誘われても、全然食べられない時期だったりして・・・。もう本当に嫌になります。昔は外食自体できなかったのですが、今は、逆に友達とご飯を食べるのも楽しみなんです。おしゃべりしながらの食事が全然ないので。それなのに~!!

もうこのサイクル(?!)今回で3回目なんですが、原因がさっぱりわかりません。年齢・・・なんでしょうか?!一瞬「若年性更年期障害?!」とも思いましたよ(苦笑)
原因が分からないので、何を気をつけたら良いかすら分からないという・・・。
まぁ、一般論で言うと、夜型が悪いんでしょうが、仕事の関係上それは仕方ないですし、この生活は22歳くらいから続けているので今に始まったことでもないんですけど・・・。
それに、学生時代の方が、バイトプラス学校もあったので、体力的には今よりきつかったはずですし。

頭痛にもなりやすく、薬ばかりが増えていき、そして胃が荒れて・・・全くもう!でもこれといってどこが悪いってこともないので、どうしようもない。怠け病と思われるのも辛いしなぁ。
そうでなくても、子供の頃は片頭痛が理解されなくて、仮病だとか怠け者だとか言われてきたので、もうこりごりなんです。それに、原因の分からないものはだいたい「自律神経失調症」で片付けられますから。

と、病院のグチになってしまいました。何にしても、この定期的な不調、いい加減にしてほしい・・・。
04:38  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.24 (Mon)

「不思議な話」の現実話を聞きました

私は「怖い話」や「不思議な話」が結構好きで、本を買って読んだりします。そういう中でも「心温まる不思議な話」というのもありますよね。今日は実際にそういうお話を聞きました。

私の知人の男性なんですが、以前、大阪のコンピューターの会社にお勤めだったそうです。その会社の社長さんという方はとても人望の厚い方で、退社した人のほとんどが、退社後も社長を慕って会社を訪れたりするなど、交流のある方だったそうです。

私のその知人の男性は、10年前にコンピューター業界から、不動産業に転身し、このたび、独立して事務所を開くことになったんです。その報告を先月されたそうで
「事務所に必ず寄せてもらう」
と約束したそうです。そのコンピューター会社の社長さんは社交辞令でそういうことおっしゃる方ではないそうで、言ったからには必ず来てくれる方だそうです。

いつものように、私の知人は事務所に向かい、仕事をしていたそうです。そして、お客様との面談中、自分の左後ろ、それほど視線を上げない高さに人の影があることに気づいたそうです。
「え?!この事務所、昼間から幽霊がでるのか?!」
と真剣に怖かったそうです。
今までそんな気配なんて感じたこともなかったし、ましては真昼間。怖いなぁと思いながらも仕事を続けていると、なんと、事務所に寄せてもらうという話とついこの間したばかりの、コンピューター会社の社長さんが、お亡くなりになったという連絡が入ったのです。

話によると、いつも仕事のことばかり考えているような、責任感の強い、人一倍仕事をこなす人が、何時になっても出勤してこないなんておかしい、携帯電話に何度電話をしても出ないということで、会社の近くに借りていたというマンションに行ってみるともう冷たくなっていたそうなんです・・・。
心臓発作だったそうです。突然死とでもいうのでしょうか。大きな病気や、持病も特にはなかったそうで、54歳の若さですし本当に信じられないとおっしゃっていました。

後で考えると、その社長、自分の部下の独立を祝って事務所へ行く約束を果たしにこられたのではないかと思うんです。生前もとっても律儀な方だったそうなんで。

知人はその社長のデスクなどを見たそうなんですが、過去の自分の部下の辞表が、全部大切に保管されていたそうです。

本やテレビでは、こういう話を聞いたことが何回かありますが、実際の体験談を聞くのは初めてだったので、なんだかとても心に感じるものがありました。そんな方ですからもっとおやりになりたいこともあったでしょう。残念だと思います。
葬儀には、退職した人が大勢こられていたそうです。会社を離れてからもずっと尊敬されるような、慕ってくれるような方、ぜひ一度お会いしてみたかったものです。そんな素晴らしい方が、そんな早くにお亡くなりになるなんて、なんだかすごくやるせないです。

人の死というのは、いろんなことを考えさせられます。いずれは私も死ぬわけですが、それまでの営みというか、死ぬときに恨み言というか、後悔ばかり口にしたくなるような最期だけは迎えたくないと思います。
でも、今、もしそういう時期だとしたら、悔いだらけです。まだ時間があると思います。今からでも、努力していかなければと思います。
05:30  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.23 (Sun)

カーナビにETC・・・どれくらい普及したんだろう??

今日昼間に「寛平まつり2005」を放映していて、久しぶりにテレビの前で大笑いしてしまいました(笑)
前に、宣伝をやっていて「見たいなぁ」と思っていたんですが、劇場に行けるわけもなく、今となっては忘れていました。ところが、今日何気なくテレビ欄をみると、見つけてしまったんですね~。ラッキーでした。

さて、今日は用事で夜に高速に乗ったんです。下で行くか迷ったんですが、高速なら20分から30分、下だと1時間から1時間15分くらいかかることが多いので、渋滞の表示もなかったので乗りました。
途中、私が下りる先のインターでの渋滞の表示がでていたのですが、短い距離でしたし、先のことだったので気にしていませんでした。最後に多少滞ってもまぁ言いか・・・みたな。

ところが、その予告どころか、予告の3つ前のインター付近から突如渋滞!いきなり全く動かなくなってしまったんです。少しずつ前へ進みながら、途中の電光掲示板に


「この先渋滞中」


この先?!・・・もうここも、ここより手前も十分渋滞しているんですけど・・・

次のインターでは、下りる車でまた長蛇の列。あと2つだったのでこのまま行くことに。ところが、この渋滞のせいで結局ついたのは、出発してから1時間半後。下道と同じ、もしくは遅くなってしまったんです。700円も払って・・・。なんだか腹がたってしまいました。仕方ないんですけどね~。

ナビなどをつけている方はこういう情報がリアルタイムに表示されるんでしょうね~。私はまだアナログ人間なので・・・。
ナビって安くなったとはいえ、まだまだ高いですよね。私は今のところ遠出の予定もないですし、阪神間を走るのにナビの必要性はあまり感じません。もちろん、何かの時に「ナビがあればなぁ」ということはあるんですが、利用価値というか、自分の必要性と値段を比べると、どうしても買うまでには至らないんです。いいなぁとは思うんですけどね。

あと、つける場所がないっていうのもありますね。仮に買っても、取り付けるスペースがないんですよね。以前、どこかのサイトで、FTOにナビをつけるのは至難の業という情報がありました。その方はものすごく苦労されて取り付けられたというエピソードを読みました。
今の車なら、最初から想定してスペースがあったり、オプションでつけられたりするんでしょうね~。

どうしても欲しくなったら、ポータブルナビ「ゴ○ラ」かな?なんて思っていますが、当分ないとは思われます(笑)

あと、最近ちょこちょこ高速に乗っているとETCがうらやましいですね・・・。早い・・・!でも、あれ、通過するときにちゃんとゲートのバーが上がるのかと見ててどきどきします。大丈夫なのは分かっているんですが、毎回不安です。

今は、料金所で並ぶときにちゃんとETCか、一般のゲートか確認しないといけないので、普段使わない料金所だと結構どきどきします。ETC搭載の車にとっては、料金所のゲート選びでもたもたしてる車は邪魔でしょうから・・・。

この間、神戸の須磨料金所で私は一般とETC両方が入れるゲートに並んでいたんです。その右はETC専用なんですが、並んでいる間にふと見ると、清掃中で閉まっていたんです。でも、ゲートの前に「×印の看板」が置いてあるだけだったので、大丈夫かなぁと思っていたら、結構間違って突っ込んでくる車がいて、見ていて怖かったです。作業員さん危ない・・・。

たまに聞きますよね、ETCのゲートでの事故。バーの接触や、間違えた人の対応で、集金の方が横切って車と接触とか・・・。普及はしてきているんでしょうが、まだ完全に認知されていないというか、社会全体に馴染んでないというか・・・。
でも、神戸あたりだと、たとえ料金所の通過がスムーズでも未知自体が混んでいるので、2台か3台前に行くだけという時も・・・。空いている道なら、料金所で止まって支払いをして進んでも、時間に大差がない・・・。ちょっとだけ悲しい?!
でも、料金所でのロスが、渋滞を招いているんですよね~。

今更ながら、渋滞のメカニズムが見てみたいです。混んでいる道って、空くとき急に空くじゃないですか。ある地点からいきなりスーッと流れ出す・・・。あれが子供の頃から不思議で不思議で。
渋滞が起こるところと、解消するところなどを、空の上から観察してみたいです。

ちょっと話は違いますが、私は、国道など車どおりの多いところを陸橋の上などからボーっと眺めているのが結構好きだったりします(苦笑)
別に何が楽しいっていうわけでもないんですが、行き来する車を眺めているのが好きで。渋滞中は見たくないですが(笑)
でも、夜などに、陸橋からボーっと車の流れを眺めていたら「勘違いされる」こともあるので、そっちの注意が必要です
交通量調査のバイトなんかむいてるかもしれないですね~。やったことないけど。

05:02  |  車・バイク  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.22 (Sat)

何もないのに発炎筒が燃えている・・・

二日連続で、何もないのに発炎筒が道路で燃えているのを見ました。

昨日と今日なのですが、周りに故障車や事故などありません。あの発炎筒、そんなに長い時間燃えませんよね。せいぜい5分程度だったような。(実際に使ったことはありませんが確かそれくらいだったような・・・)故障車や事故車がが5分以内に移動できたとも考えにくいし・・・。
特に今日の場合は、国道に2箇所(近い場所)点火されて落ちてました。何の警告だろうときょろきょろしたんですが、結局分かりませんでした。2日連続で見るなんて・・・なぜ?!

因みに私の車には発炎筒がありません。前前回の車検後しばらくしてになくなっていることに気がつきました。買っておこうと重いながらついつい忘れてて・・・。忘れていたことを今これを書いていて思い出しました(苦笑)


あと、気まずかったことが。
国道へ入るために右折したんですが、そこは結構大きな交差点。また、まっすぐ進むと直進レーンに進んでしまうので、道に不案内な人は結構ふらふら走ってしまうところ。私は、ちょっとショートカット気味に右折・・・すると、目の前に警官が!横断者とはかなり距離があったので、先に通過しようとしたら止められました。
「何か言われるのかな??」
と思ったんですが声をかけられることはありませんでした。で、何だろう?と思って周りを見ると、右前方で接触事故がおきてました。

軽トラックが乗用車に追突してしまったようで、乗用車の後部がへこんでいました。でも、大きな衝撃ではなかったようで、どちらのドライバーさんも、路上で警官を交えてそのまま話をしていたので、ケガはなかったようです。

ただ、私はこの時、さっさと通り過ぎようとショートカットしてましたし、音楽をガンガンにならして窓全開、シートベルトも適当な装着をしていたので・・・。さすがに事故現場のシリアスな場面に失礼なことをしてしまったものだと申し訳ない気持ちでした。

最近、あんまり音楽のボリュームをあげて車に乗ることがなくなっていたんですが、この日は嫌なこともあってたまたまやっていたんですね・・・。普段から、住宅街などは響く上、道路と住宅への距離が短く迷惑なので、国道や幹線道路ですることが多かったんです(笑)突然の場面で、結構恥ずかしいものですね・・・(苦笑)
02:09  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.20 (Thu)

美容院に行きたくない・・・

私は髪が伸びるのがすごく早いんです。ロングの頃は、変な話のばしっぱなしでも平気。うっとうしがりの私は、いつも一つに髪をまとめてましたから。どうも、髪が顔にかかるのがキライで(笑)

それが、数年前にあるきっかけで、初めてショートにしてからはもうこのヘアスタイルはやめられません(笑)
それまでは、中学の校則で仕方なくおかっぱにするために切った以外、肩より上にしたことがなかったんです。

でも、切ってみると面倒くさがりの私にぴったり。シャンプーも楽ですし、すぐ乾きますしね。ブローもいりませんし。
でも、一つだけ増えた手間。それは、美容院に行く回数が必然的に増えたということ。ショートが伸びてくると、すごくうっとうしいし、自分で切るわけにもいきません。ロングなら、後ろを揃えるくらいなら家族に切ってもらうとかできますが。

最初、ロングからショートにする時って、やっぱり美容師さんもすごく遠慮しはるんですよ。

「本当にいいの?」

みたいな。短く切られるのを嫌がる人の方が多いですから、いくら切ってといわれても、やっぱり気になるんでしょうね。
でも、回数を重ねると分かってもらえて、前回はかなり短くしてもらいました。その結果、普通なら、1ヶ月くらいで伸びてしまい、2ヶ月目まで耐えるという感じですが、今回は2ヶ月までは気にならず、いい感じでした。で、今2ヶ月半くらいなのですが、ついに重くなってきました(笑)

一度、後ろは自分で揃えたんですが、二度目は無理です。全体に伸びてしまっているので。で、そろそろ美容院にいかないとなぁと思っているんですが・・・。美容院、面倒であんまり好きじゃないんですよね~。
で、ついつい延びてしまうんですが、考えているのが次に行くとして
「カラーどうしよう??」
ということ。今までは、軽く茶色にしていたんです。伸びてもほとんど目立たないようなブラウンに。一度、もう少し明るい色にしてみようかなぁ?とも思うのですが、年齢も年齢ですし、境目がくっきりってのもみっともないかなぁと思ったり。(金髪みたいな感じにはもちろん考えてませんが)逆に、カラーをやめて、黒髪にしてしまうのもいいかなぁって思ったり。

私の周りの女の子は今、ほとんど黒髪なんです。男の子の方が茶髪という感じ。もちろん、全員ではないですが。黒髪も新鮮?!なんて思ってみたり。それに、黒髪なら、切るだけなので時間も早く済みそう・・・なんて、どこまで面倒くさがりなんだ?!という考えも浮かんだりして。

それにしても、何度行っても美容院というところは慣れません。あんまり行きたいところじゃないですね。ロングの頃は母に裾をそろえてもらっていたので、美容院へは年に一回行くか行かないかでしたから。でももうショートはやめられないし~!!!(笑)

一度、床屋さんというか、理容室ってところも行ってみたいです。男の人は、そういうところで髪を切るんですよね?(美容院の人ももちろんおられるでしょうが)しかも、先日、床屋さんはシャンプーするときに前かがみということを聞いてびっくりしました。美容院は仰向けというか、背もたれが後ろに倒れるので、それが当たり前と思っていたんです。
私は、凝ったヘアスタイルとか望んでないので、男の子のヘアスタイルみたいな感じでいいので、床屋さん・・・とも思うのですが、近くにないんですよね~。う~ん・・・

03:27  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.19 (Wed)

猪が!

猪  今日、リビングでテレビを見ていたら、外でごそごそがたがたと物音が。誰か来たのかと思ってカーテンを開けても誰も居ない。気のせいかとまたテレビを見ていると、また物音が・・・。変な人が入り込んでいるかも・・・とちょっと不安になりながら、懐中電灯を持ってもう一度見ると・・・大きな猪!

外の水道の周りに置いてある物やカー用品を置いているケースやらをなぎ倒し(画像には写っていませんが)まき付けてホースを鼻(?)で引っ張っているところでした。まさに「ぐちゃぐちゃ」

猪自体は、別に珍しいわけではなくて、随分前から、家の球根を食い荒らされたり、花壇をぐちゃぐちゃに掘り返されたり、外においている棚をひっくり返されたりと、結構猪被害はあったんです。また、看板にも「猪注意」とあるくらいですから。

でも、実際目の前にしたことは数年ぶりだったので、驚きました。ただ、最近はその猪が暴れたであろう痕跡がある日が多くなっていて、よく来ているなぁとは思っていましたが。

人馴れしているのか、私が近づいても知らん振りで水を飲んでいました。そのあとしばらくうろうろしたあと、玄関の前のガレージから坂を下っていきました。しばらく様子を見ていると、2軒したのお家の人が
「うわっ、猪!!」
と驚く声が。そして、下の交差点の真ん中に居座ってしまい、しばらく交通が滞っていました。パッシングやクラクションでは動きませんし、下手に刺激して突進してこられたらケガしますからね~。

最近、深夜に近所のワンちゃんがすごくほえていることがあるので、猪が出ているんだろうなぁとは思っていました。でも、層考えるとほとんど毎日来ていることに。えさがないんでしょうか・・・。
でも、小さい子供とかだと、怪我してしまうこともあるので、お互いのために何も起こらないでほしなぁと思いました。
15:22  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.18 (Tue)

車どおりが少なくて・・・

今日はなんだか怖かった・・・というのが、車の動きがいつもと違う!
高速にのれば、右車線がほとんどあいていることが多い。一人で走るとちょっと怖い・・・
「なぜ誰も右を走らないの?捕まる・・・?!」
どきどきしながら、右を走り、ある程度行って左、誰から右を走るとその後ろに・・・でもその後ろについたはずの前の車が左によって避けてくれたりして・・・。きっとその人もどきどきしてたんでしょう。

帰りは帰りで下道。明石から長田くらいまで、2号線ずっと私一台だけ。最初に、明石駅の近くで遅い車を一台抜いてきて、それ以後、反対(西方面)には車が結構走るのに、東への車は私だけ。びっくりするくらい、誰もいなかった。気がつくとちょっとスピードもいつもより出てたりして、ちょっとびくびく。でも楽に走れました(笑)

車が現れるようになってからも、いつもよりみんなゆっくりで、普通なら、私くらいを簡単に抜いていく車が1台か2台はいるのに、いない!私がどんどん抜いていく感じで。なんか裏情報回ってんの?!と怖かった。

神戸(ハーバーランド)辺りへくると、バイパスへ乗る車は結構出してました。私はバイパスへは上がらなかったんですが、上がらない車は結構ゆっくり目で・・・。
山手幹線へ入っても、いつもよりみんなゆっくりで、私が一人旅。王子公園からかなりの距離、信号にかからずいけました。

明石からの一人旅や、山手幹線での信号パス(無視はしてませんよ!)で、今日はかなり早く到着しました。

最近、覆面に捕まっている車やバイクをよく見かけるので正直怖いです。これが覆面?っていうような車のこともよくあるので。出すといっても、そんなむちゃくちゃスピード出してるわけではないんですが、でも違反は違反ですからね~。スピード感は怖くないけど、捕まるのが怖くてミラーとかよく見てます。小心者なんです(クスン)
05:56  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.17 (Mon)

趣味や感性、センスが近すぎる人に出会いました

今日は久しぶりに思いっきりしゃべりました(笑)
今日は用事があってある業者の方が家へ来られました。その方は最近独立された38歳の男性の方でした。私は、年長者の方とのおしゃべりは結構得意なので、いつも会話には困らないのですが、今日ほど共通点があり、同じ視点(というと相手の方に失礼かもしれませんが)でお話ができたのは、はじめてかもしれません。

オークションが趣味なこと、パソコンが好きで、パソコンを使ったソフトの話しや、インターネットのいろいろなお話ができました。(以前、パソコンの会社におられたそうです。)最近ダーツ流行ですが、ビリヤードが好きなこと(マイキューをお持ちだそうです)心理学が好きで本を読み漁っていること・・・。(交渉術は、実際に役立てておられるとのことでした)お話をしていても、感覚がすごく似ているなぁと思いました。その方も
「こんなに話が合うなんて思わなかったです」
「読んでいる・・・というか持っている本もそっくりかも」
とおっしゃっていました。

新しい事務所の場所も、すぐにイメージできるくらい、私も馴染みのある場所でしたし。
その方は、仕事柄お知り合いも多く、私が興味があることを話すと、そのことについて内面というか、内側も教えてくださいました。

私は基本的におしゃべりなので、どの方でもだいたいお話には花が咲くのですが、今日は、ここまでお話したのは初めてなのに、私の考え方とかにも共感していただき、また的確なアドバイスもしてくださって、すごく参考になりました。
別に、本題とは全く関係ないのですが、すごく私にとって有意義な意見をいただけたので、ある意味ラッキーだったかも?と思っています。

私のこの「ちょっと変わり者的」なことに何の違和感もなく語り合える人がいたことはちょっと驚きでした。喜びと驚きで、今日一日、ちょっと変なテンションになってしまいまして(笑)夜に、電話で友人と話をしたときに
「今日どうしたん?」
って言われてしまいました(苦笑)

でも、やっぱり私は、年上の方とのお話のほうが楽しいっていうのは、学生時代から変わらないなぁと改めて実感。今、一番私が素の自分でお話できる方が、私とちょうど干支が同じ、つまり12歳上の女性の方。センスが大好きで、機会を作ってお話させてもらってます。
子供の頃から、先生や、大人の人との方がお話がおもしろくて、ずっとそう感じてきました。10代の頃は、相手がすべて分かってくれるという甘えなんだから、よくないと批判されたこともありました。

大人になって、学生時代ほど1歳や2歳の差が大きくなくなってきて、それでもやっぱり上の人とのお話のほうが合うというか・・・。ただ、逆に少し離れた下の人とも話せるようになりました。
まぁ、趣味がちょっと男の子っぽいので、女性の友達はできにくいのは確かです。前の仕事先でも
「確かに女の子でお前みたいな趣味のヤツは少ないよな」
といわれました(笑)
でも、今になって、女性ともお話できるようになってきたので、ある意味男の子っぽくなったからかな?と思ったり。
何を隠そう、私は21歳くらいまでは、外見から女の子~って格好してたんです。髪もロングでしたし、スカート以外はきませんでしたし。でも、バイクに出会ってガラッと変わりました。変わったというより、戻った?小学3年までは、冬でも短パンで、男のコみたいでした。遊びも男の子の遊びばかり。うんと小さい頃はプロレスごっことか、ラジコンとかばかり。買ってもらった自転車も、男の子の好むキャラクターだったとか。親が「女の子遊びをしない」と書いていたくらいですから。

そういう意味では「本来に戻った」ってことなのでしょうか。今の方が、ずっと自分らしいと思っています。

母は30歳から変わってきた、意識して変えた変化がでたって昔言っていたんです。だんだんその感覚が分かってきました。私は、結構人見知りなんですが、今日会った人には「え~?!」って笑われました。私も30歳になって、そういう風にいえるように、さらに変わっていくんだろうと思えてきました。

学生時代は、性格ゆえに損をして、楽しみ損ねているところがすごくあるので、遅まきながらこの年ですが、ちょっと取り戻したいなぁと思っています。今もし10代の私に会えたら、少しは10代の私が喜んでくれるんじゃないかなぁなんて思います。
04:12  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.16 (Sun)

「ブログ」だいぶ浸透してきましたね

今日、私の地元は秋祭りなのか花火が上がっていました。ドンドンと音がするので最初は「なんだろう」と思っていたんですが「あ、もしかして」と2階にいくと、キレイな花火が。
だいぶ周りに高い家が建ったり、花火の場所も変わったので、昔ほどは見えませんが、それでもキレイに夜空に花が咲くのをみることができます。真っ暗な部屋の窓から、鮮やかな花火を見つめていると、なんだか不思議な気分になりました☆

さて、話はガラッと変わりますが「ブログ」というものが、だいぶ浸透してきましたね。
私も最初「ブログ」という言葉を聞いた時「え?何それ?」と意味が分かりませんでした。
今でも「ブログって何?」と聞かれることがよくありますが、そんな時、私はいつも
「簡単に言うと、人に読んでもらうこともできる日記みたいなものだよ。そこで意見交換もできる。」
と答えます。そうするとたいていは
「え?日記を人に見せるの?」
と聞かれます(笑)

改めて、ブログとは何か調べてみました。

「ブログ」とは「ウェブログ(weblog)」を略した言葉で、「Web上に残される記録」というような意味を持ちます。一言で定義するにはその意味があまりにも広いですが、一般的には時系列で並べられた記事とそれに関するコメントが定期的に更新されるようなサイトのことです。
「継続して更新され続けるWebページ」なら、どんなものでもブログだと考えていいでしょう。

ブログの中には、高度な社会問題などを扱ったジャーナリスティックなものから、興味のあるニュースに独自の論評を加えるもの、個人的な日記やエッセイ、カメラつき携帯電話で撮った写真を載せたもの「モブログ」――「モバイル」+「ブログ」の略など、さまざまなテーマ、内容のものがあります。

最初は「web-log」という語源のようにウェブリンクや簡単な説明を記録することから始まりました。今でも多くのブログがこのようなリンクや説明、個人の考えそして日常生活を書いたエッセーで維持されています。しかしブログが広がるにつれ、短いweb日記のようなものに形を変えています。

とのことでした。何より大きいのは、その記事に関して、コメントがつけられるというところですよね。
確かに、日記は人に見せるためのものではないので、私の説明はイマイチかもしれません。このことを考えたときにふと思い出したのが、私の中高生時代。

私の学校は「こころのあと」という学校指定の日記を毎日つけることが義務となっていました。日直の日にその「こころのあと」を先生に提出して、先生がコメントをつけるんですが、当時私にはこれが納得できなくて。
「日記は人に見せるものじゃない!」

今から思えば、毎日2人ずつ日直の人が出す何十日分の日記にコメントをつける先生もものすごい苦労だったとは思います(笑)が、未だに意図がわかりません。ある意味これってブログとは言いませんが、先生とのコミュニケーションを狙ったのでしょうか。(今もあるのかなぁ・・・)

余談ですが、中学の頃、この「こころのあと」は立派なハードカバーで、かさばるし重いし、値段が高かったんです。それが私が高校になったときに、ビニールっぽい表紙になり、大きさも書きやすいA5くらいになって値段も安くなりました。妙にうれしかったのを覚えています。

あと、私の学校は生徒会がなかったので「生徒手帳」を持っている人がうらやましかったのを覚えています。胸ポケットから生徒手帳が出てくるなんていいなぁと変なことに憧れてました。
本来(?)生徒手帳に載っているであろう学則などは、その「こころのあと」の最初に載っていたんですよね~。
02:28  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.15 (Sat)

「スピリチュアル」がブームですね

最近「スピリチュアル」が流行っていますね。スピリチュアルカウンセラーとか、そういったもの。
私は、霊に対しては肯定はしていますが、神の存在は肯定していない・・・という感じです。実際私は霊感があるほうではないので、正直こういった世界は「よくわからない」ので、信じるか信じないかの世界です。スピリチュアルヒールになってくると、正直ちょっとにわかには信じられない部分もあります。

しかし、たとえば亡くなった人のメッセージを遺族に伝えてあげることは、残された人の救いになるということでとても良いことではないかと思うんです。
例えそれが、ある程度はその人の話から推測できること、常識的に推察できることだったとしても、聞いてもらった人が「この人は霊との仲立ちをしてくれている」と信じることができ、その内容で、自分の悔いとか、心残り、あるいは亡くなった方の心残りを浄化してあげたいという心が慰められるからです。

自分が信じた人から、安心なメッセージを仲介して頂き、また亡くなった人に送ってもらえることで、遺された家族が前向きに進んでいくのには本当に助けになると思います。

やっぱり、なかなか亡くなってしまった人への悔いなどは、人には言いにくいものだと思います。それに、言っても仕方がないと自分でも分かっています。でも、誰かに分かって欲しい・・・。仲介のスピリチュアルカウンセラーがその仲立ちをするとき、同時に遺された家族の心のケアになっているんじゃないかなぁと常々思っています。

こう書くと、スピリチュアルカウンセリングをされている方は「口からでまかせだ」と言いたいように聞こえるかもしれませんが、そうではないんです。ただ、極端な話し「見えていなくても」こうして依頼した人が心の安定を得られるなら、ある意味いいのではないかとさえ思えるのです。そこで法外なお金などが絡んでくるといけませんが。

前に、
「人は、見えるものだけを信用するようになってしまった」
という言葉をきいたことがあります。
昔は、科学も発達しておらず、たとえば雷、これは神様が鳴っているのだと思い畏れた。そのほか、すべてのものには神が宿っていると考えていたのが日本。ところが、科学が発達し、いろいろなことが分かってくると、人は目に見えるものがすべてだと思い込み、それ以外の見えないものを敬い、畏れ入るということをしなくなった。これが心の崩壊だ・・・と。

神を信じる信じないではなく、そういった見えないものを自分の心の中で感じ、敬い、畏れるということは、人の謙虚さや礼儀、やさしさ、すべてを学ぶことができる・・・とその中でおっしゃっていたのを印象的に覚えています。

確かに、自分の心で感じることができないから、簡単に人を傷つけたり殺してしまったりするんでしょうね。昔の方が、もっと身近に危険なものがあったにもかかわらず、そういった事件事故は今の方が多いですから・・・。

私は、無神論者というわけでもないですが、神がどうこうとか、神秘の世界の信者でもありません。でも、昔の日本は畏れ入るということを自然や身の回りから得られるように教えられていたということは納得しています。霊や不思議な現象も、ただただ怖がるのではなくて、自分の生きていくための戒めというか、人間にはとうてい理解できない、また制御できない、大きな世界があるんだということを知って、私自身「畏れ入る」心を忘れずにいたいなぁと思いました。
01:43  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.14 (Fri)

暴走後に危険なもの散乱?!

今日、帰りに車で走っていたびっくりしたことが!
トラックが多く、乗用車はそれを避けるように他の車線へ抜けて走るんです。で、後ろから黒のスカイラインが一番左のレーンをすごいスピードで抜けていくところでした。私は、それに続くわけではないですが、その一番左のレーンに入って進もうとしたんです。すると、前方で結構大きな乾いた音がし、スカイラインが通ったところから、プラスチック製のようにみえる白というか透明のケースがたくさん散らばったんです。私の方にも飛んできて、それはよけれたんですが、私の少し後ろの右隣のレーンの軽は思いっきり踏んでしまって、かなりの音がしました。(車にあたったと思います。)

スピードがでていて避けられなかったんでしょうが、かなり危ないです。その車は、そのまま猛スピードで走り去ってしまいました。
そんなものが道路に落ちていた(?)のもおかしいですが、そのまま踏み越えて散らばって・・・下手したら事故の原因にもなりかねないですよね。注意しないと・・・。

さてさて話は変わりまして・・・やっぱり「デジャヴ」が出やすい時期みたいです・・・。今日もありました。今日は2回だけでしたが。あぁ早く過ぎ去って欲しい。過ぎ去ってほしいといえば、この耳鳴りと頭痛・・・。もう生理も終わったのになぁ・・・。
最近「これって更年期障害の人が言うことに似てるかも」と思うことがあって・・・。若年性更年期障害にしても早すぎるので、違うんでしょうが、ちょっとどきどきしてしまう(苦笑)
普段から多い薬がさらに多く、回数まで増えて、薬見るのもいや(>_
最近ずっとこういった「病気じゃないけど元気じゃない」的なあんまりうれしくないことばかり書き込んでいる・・・。自分の体調をことさら心配しているような人間って正直キライなんで、言いたくないんですけど、日記ということで書いてしまってます(苦笑)
02:54  |  車・バイク  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.13 (Thu)

「日本昔話」が復活するんですね!

『まんが日本昔ばなし』復活するんですね~!

1975年から1994年まで、952回にわたって放送されていたそうで、私も子供の頃、祖母と一緒によく見ていました。私が生まれる前からやっていたんですね~。
その番組が11年ぶりに復活。今回は、ビデオ化されていない初期の作品を中心に日本各地に伝わる民話をベースにした昔ばなしを、毎回2話ずつ放送するそうです。

また、語りはあの独特の雰囲気のある市原悦子さんと常田富士男さんで、主題歌も当時のまま。変わるのはハイビジョン映像で映像がきれいになるということだけ。

別に宣伝するつもりではないのですが、なんだか楽しみです。


さてさて話は変わりますが、最近このブログに、謎の「トラックバック」がついて困っています。内容はタイトルを見る限り風俗系のリンクが貼られているんです。消しても消しても気がつくとついてるんですよね・・・。なんでだろう???
01:28  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.12 (Wed)

旧千円札が使えない・・・

私は昔から
「新製品」「期間限定品」「限定グッズ(お菓子や飲み物のおまけ)
に弱いんです。ついつい試してみたくなる。今日も、本当はふたのついた小さいペットボトルか缶のジュースかお茶を買いに行ったのに、新発売のポップにつられてコーヒーを買ってしまいました(笑)おいしかったからいいんですが、販売戦略にホイホイ乗っている・・・。

私の財布の中には、今、旧千円札が一枚ずっと入ってます。これ、どこの自販機にも入らないんです。というか、機械に。券売機や自販機、両替機、パチンコ屋のサンド、ATM・・・別に折れ曲がっていたり、濡れていたものが乾いたとかないんですよ。
旧札、新札OKと書いてある自販機も受け付けてくれず・・・。

「じゃあ買い物の時に使えばいいじゃないか」
と思うんですが、最近コンビニに行く用事がなく、スーパーやドラッグストアでは買う金額が少し大きいので万券や5千円札を出すことになってしまっているんです。
なので、ジュースやタバコ、切符などの購入の際に出番・・・となるんですが、どうしてもポイっと吐き出されてしまって、ず~っと財布に残ってます(苦笑)

昔、2千円札がコレに近い扱いだったような。今は機械にもほとんど入るようになりましたが、前はそうではなかったので、いかに2千円を早く手元から消すか・・・みたいな。私の周りでは
「ババ抜きのババ」
と言ってました(笑)

最近は、めっきり見なくなりましたが・・・。おつりでももらいませんし、ATMでも無理に出してくる機械もなくなったようで・・・。昔ローソンでのATMは5千円出しても2千円札2枚と千円一枚が出てくるかなり強引な取扱いだったと記憶していますが、今はどうなんでしょう??
01:39  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.12 (Wed)

迷惑メールが多すぎて困っています(T△T)

今日は驚きました。狂言師の和泉元彌さんがプロレスデビューするというニュースをやっていたからです。松平健さんの結婚もまぁ驚きいえばそうですが、そんなインパクトよりすごかったです。
私は普段あまり芸能ニュースには興味がないほうなんですが、これは久しぶりに「え~!」と思いました。

別のジャンルからの参戦では、レイザーラモンHGも参戦していますが、彼は学生プロレスのチャンピオンだそうですからね~。狂言師の和泉元彌さん、なぜプロレスなんだろう?!謎です・・・。

それはさておき・・・
最近迷惑メールの数が半端じゃないんです。
昔から多少は来ていました。でも今はどんどん増える感じで。受信トレイに拒否リストとか、削除にするルールとかいろいろ設定はしていますが、追いつかない。アドレスもどんどん変わりますし、こちらのアドレスを表示して送ってくるものも。

そして不思議なのが、メルアドの会員登録上の情報を知っているということです。
どういうことかというと、インターネットが普及し始めた当時は、今みたいにつなぎ放題ではありませんでした。フリーメールにすると、メールを見ている間サイトにずっとつないでおかないといけないし、またいちいち見に行くのが面倒だったんです・・・。
ということで、家族会員という形でメールアドレスをもう一つプロバイダーから取ったんです。それは、HPに載せたり、第三者に知られる可能性のある使い方、たとえば買い物とか、メルマガ購読とかそういったものに使用しようと思っていました。
名義は家族の「男性の名前」で登録してあります。しかし、使っているのは私なので、買い物やメルマガの登録などはすべて私の名前、つまり女性名で登録しているんです。ところが、迷惑メールの内容は「男性向け」つまり、このアドレスの登録者は男性だということを知っているということになりますよね?

確かに、HPに載せたり、メルマガを購読したり、ネットショッピングをしたりしているので、情報が漏れるのはある程度は仕方ないのかもしれません。でもなぜ「男性」と分かっているんだろう?という疑問が私の中にあります。プロバイダーからもれているのかも??そんな疑いさえ抱いてしまいます。

まぁ、何にしても数が多い!!!!!メールが多いからお金が余計にかかるとか、そういうことではないですし、そのまま消せば済むことですが、なんとなく不愉快ですよね、こういうのって。迷惑メールってみなさんどの程度送りつけられているものなんでしょうか??
01:29  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.11 (Tue)

「デジャヴ」って起こりますか??

今日は「デジャヴ」の日でした。
何日かに一度、ある一瞬起こることはよくあるのですが、一日中何度も起こるのはそうそうなかったので、さすがにちょっと気持ち悪かったです。

今日の場合、夜に集中なんですが、車の運転中や、降りてから、電話のあと、用事のあと・・・。今日のは
「あ、ここ覚えてる」
だけじゃなくて、次にどうなるかまで、しばらく後の映像が浮かぶというか、分かるんです。もちろん、分かるのはその場になってからですから、予知とは違います。自分の行動が分かると、わざと変えてみたり(笑)

これは、たいてい夢でみたとか、そういう気がしているだけで気のせいだといわれます。実際そうかもしれませんが、あまり気持ちのいいものではないんです。こういう時って、あわせて金縛りにもよくなりますし。金縛りも、霊現象とかそういうのではなくて、ただの睡眠障害だということは分かっているのですが、感触とか生生しすぎますから、ならずにすむならなりたくない。

体のバイオリズムがあまり良くないときに起こるように思えるので、そっちが関係しているんでしょうが。
一度そうなりだすと、しばらくクセのように続くので、気をつけたい(どうやってだ?!)とは思うのですが・・・。
01:46  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.10 (Mon)

みんな自由に走りすぎ

やっぱり最近、絶対トラックが増えた!!そんな気がします。
今日は、一車線に入りきらないほどのトラックが走っていてびっくり。あんな大きい車を運転できる人はすごい・・・。

よく車を何台も積んで走っている大きなトラックあるじゃないですか?(名前分からない・・・)今日、そのトラックにアメリカン(たぶんドラッグスター)が載っててびっくり!
「バイクも乗せるんだ!」
載るのは当たり前なんですが、バイクが載ってるのを初めてみたんで。どこへ行くんだろう??と思いつつ・・・。

連休中だからかしらないですが、みんな自由に走りすぎでしたよ。
私の右車線の人が、いきなり信号の変わり目で私の前を横切って左折。→寄りそこねたなら、私を行き過ごしてから曲がればいいのに・・・(私の後ろ車いなかったんですから)
どちらの車線にも入らず真ん中を走る車。で、右に寄ったので右折?と思ったら急に左折
ハザード点滅で急ブレーキ!何事?!と思ったら、友人を下ろしている・・・→ハザード出せばどこでも止まったいいのとは違うぞ・・・。
私の前の車が、その前の車をあおってる・・・。→でもその前にもその前にも車があるのであおっても仕方ないぞ?

確かに、連休になると、道に不慣れな人も混ざるので極端にスピードが遅い人がいることは事実です。スピードを出すことがいいとも、出さないことがいいとも言えませんが、なんだか見ていて不思議な気分に。

私もどちらかといえばせっかちなので、無茶に飛ばしはしませんが、それなりに走ってきます。でも、勝手に相手が競争心むき出しで迫ってくると、どうしたらいいのかいな??と思ってしまいます(笑)(無理に私の前に入ったり、信号でこちらを意識しながらじりじり前に出てスタートダッシュとか)負けたくない!と思う気持ちもあるんですが、無茶に飛び出して捕まりたくない(笑)所詮私はこの程度の小心者なんです~(笑)


あぁ・・・それにしても、この頭痛早く消えてなくなってくれないかなぁ・・・。三日連続・・・いやだなぁ。身動きが出来ないほどのひどい分じゃないけど、いつでもどこでも一日中、多少の波とともに頭痛と一緒・・・。朝起きて頭痛って一番憂鬱・・・。しかも、このタイプの頭痛には薬が全然効かない・・・というか、飲んでも少し痛みを軽くしてるだけのような気がする。数だけ増えて・・・。この三日は何錠飲んだかな??胃が荒れる・・・。一生のお友達とはいえ、なかなか難しいパートナー・・・。
01:53  |  車・バイク  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.09 (Sun)

耳鳴りがしつこい・・・

ここ数日、なぜかずっと耳鳴りがして困ってます(;△;)
時たま起こるのですが、今回はちょっとしつこいなぁ・・・。すごくひどいものではないのですが、ちょっとうっとうしいですね~。

さてさて・・・最近とても不思議なことがあります。それは
「夢を夜に思い出すこと」
寝ている間に見た夢は、ふつう、起きた直後に忘れるか、しばらくすると忘れてしまうものですよね。それが私の場合、夜の7時~9時の間くらいに突然、その日にみた夢を思い出すことが多いんです。これはつい数ヶ月くらい前から起こるようになりました。なんの前触れもなく、突然思い出すんです。不思議・・・。

あと、母が夢に出てくることがすごく多いです。昔祖母が亡くなった後は、夢にも全然出てきてくれなかったんですが、母とはよく夢で会います。最近はたいてい夢で世間話したり、内容はよく分からないんですが、大笑いしながら話しをしていることが多く、なんだか楽しいです。
母が初めて夢に出てきた時は、亡くなっていることがお互い分かっていて、たくさんの鍵のついた束を渡されました。それから、定期的(?)に話すようになっています。

夢なんてしょせん、潜在意識や、寝る前の意識が影響して自分で作り上げる映像に過ぎないと、ばかばかしいと思われるかも知れませんが、私にとってはすごく貴重でうれしい時間なんです。

あと、いつもお話の舞台は、阪神大震災で全壊した、建て替える前の家の中なんです。どんな夢でも、今現在実際に住んでいる家が出てくることはほとんどありません。もう10年になるのに。

それにしても、人間に限らず「死」についてはいろいろと考えさせられます。そして、答えが出ない。最近ガラにもなく哲学的なことの質問が頭をめぐっています。死生観もそうですし、あと
「人が人を好きになるというのはどういうことなのだろう?」
とか。こんなこと考え出したらキリがないですし、そんなこと考えられるくらいなら平和なのかもしれませんが、なんだか生きていくことの複雑さの迷路にはまりこんでいる気がします。

いつまでも、母の死をひきずるわけにはいかないのですが、私の中でやっと決まった人生設計(?)みたいなのが一気に崩れ去って・・・。親離れできていないぴよぴよヒヨコがここにいます(苦笑)
02:28  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.08 (Sat)

イーバンクに支店名がついていた!!

今日久々にイーバンク銀行の口座にログインしたら、なんと支店名がついていた!今までは支店番号しかなかったのに、今日見たら私は
「ワルツ支店」
と表示が。
ワルツ支店?!9月11日から表示が始まったんだそうです。

アイワイバンク(セブン銀行)は、私はサルビア支店で、全部花の名前。口座開設月で花の名前、つまり支店名が決まるということを後で知って、月を選んだらよかったなぁなんて思ったんですが、このイーバンクは101がホンテンで、後はジャズ、ロック、サンバ、オペラ、タンゴ、サルサ、ダンス、リズム、ビート、マーチ・・・統一されているようないないような(笑)
ダンス支店ってちょっと違和感が(苦笑)

昔「トマト銀行」が出来たとき、かなり驚きましたが、そういうレベルではなくなってきましたね。

ネット銀行は、オークションを始めてからよく使うようになりましたが、セキュリティ面では怖いなぁと思うこともあります。便利なんですけどね。これからどんどん新しいサービスができて、便利になっていくんでしょうが、それと一緒にリスクも高まる・・・。自己防衛といっても限度がありますし(キャッシュカードのスキミングとか・・・)なんだかどんどん物騒な世の中になっていくようで、技術の発展も光と影があるなぁとしみじみ感じるこのごろです。
02:03  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top

2005'10.07 (Fri)

鍼・初体験

先日、友人に半ば強引に(!)勧められて、鍼初体験してきました。
友人はそのおかげですごく体のコンディションを整えてもらえているそうで「もしかしたら私のいろいろな体の不調が軽減するかもしれない」と勧めてくれたんです。
でも、私は鍼っていうとなんだか怖いイメージがありましたし、周りに体験者もいませんでした。前の仕事先の人に話しても
「鍼はちょっと・・・」
とみんなしり込み。怖いなぁと思って正直に言うと
「最初はみんなそうやって。試しに一度行ってみ。」
と約束をとりつけられてしまったのでした(笑)

鍼の診療所(?)というところに初めて足を踏み入れました。どきどき・・・。まず、問診表みたいな用紙に書き込みます。体格や、既往症、事故の有無や過去の怪我や病気などなど・・・。

友人が勧めてくれたのは、鍼の効果はもちろんですが、先生の人柄がすごくよいからということでした。やっぱり相性とかありますもんね。その先生は本当に気さくな方で、すごく話しやすい方でした。そしていろいろお話していくうち、なんとアメリカンのライダーであることが分かりました!バルカンやバルカンクラシックに乗られ、今はハーレーに乗られているそうです。なので、バイクの楽しさや喜びを分かり合えました。バイクの魅力は、乗ったもの、興味のあるもの、理解のあるものにしかわかりませんからね~。

鍼は、本当に言われたとおり痛くなかったです。何箇所かに一回くらい、チクッとすることもありますが、縫い針や、安全ピンを指に刺してしまったような痛みはありません。一瞬の軽い痛さなので気にならない程度です。

手技でほぐして頂いたときは
「なるほど~こうすると気持ちいいのか~」
と納得・・・。とはいえ、今はもうやってあげる人いないんですけどね。母はものすごい肩こりで、人よりは絶対マッサージ上手な自信があります!なので、新しい技を手に入れることはかなりの喜びだったんですが・・・。

あと、驚いたのが「脈診」というもの。脈でいろんなことが分かるそうなんです。私の不調な部分をいろいろと指摘してくださって、その的確さに驚きました。何もこちらから言葉でお伝えしていないのに・・・。脈でいろいろ分かるなんてすごいなぁ・・・。

鍼とマッサージをしてもらったあと、体がすごく温まるというかそんな感覚がありました。そして眠い・・・(笑)
これはごく自然なことだそうで、終わりに、
「だるくなったり、眠たくなったりするかもしれませんが、それは今回の治療が効果があった証ですから大丈夫ですよ。」
とおっしゃっていました。

肩こりなどは遺伝でしょうから仕方ないのですが、なんだかよく分からない不調についての助言をいろいろいただけて安心できました。
鍼とかこういうものって、正直もっと年配の方がご利用になられるもので、私みたいな年齢の者が行くのははばかられるというか、そういう印象がありました。たぶん、友人に半ば強引に予約されなければ一生行かなかったと思います。強引はあまり好きではないですが、今回に限っては感謝すべきだなぁと思っています。
これで、市販薬の利用回数がちょっとでも減ってくれたらいいのになぁ・・・☆
02:48  |  雑記  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。